« 詩人長谷川忍 7月9日(水)午後7時から、第1119回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、18回目の参加 !京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、宙に、新作を、初めて聲に乗せる! | トップページ | 中原中也賞詩人神泉薫 7月12日(土)午後2時から、第1120回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、42回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を撃ち込む! »

2014/06/09

字の仲間でもあるいけ花作家中川幸夫のドキュメンタリー映画「華 いのち 中川幸夫」が7日から、恵比寿の東京都写真美術館ホールで、始まりました。上映は、22日(日)までです。お見逃しの無いように!

ドキュメンタリー映画「華 いのち 中川幸夫」が7日から、恵比寿の東京都写真美術館ホールで、始まりました。8日、第二回上映後に、世田谷美術館館長で、美術評論家・字の仲間の酒井忠康氏の推薦で、ミニトークに出演してきました。
次回は14日(土)の2回目の上映後の14時35分から15時までです。
何を話すのか?まだ決めていません。このために「中川幸夫の箱」を開けて資料を読み込みました。
森山明子著『まっしぐらの花 中川幸夫』の年譜記載に、間違いが有るのに驚きました。
森山明子からは、1度も問い合わせを受けていないので、当然の事でしょう。
ギャラリーいそがやで開催していたグループ展の時にも、森山明子は見に来ては居ない、とオーナーの長尾喜和子女史に確認してみました。
思い込みだけで記載されては、大きな迷惑。
中川幸夫、存命中に刊行された第4冊目の作品集『魔の山』の年譜も同じように、確認しないで記載した間違いが有り、17年間続いた「字作品」のグループ展に参加された多くの作家たちにも、ご迷惑をかけするいる。
作品集の年譜の記載は、特に重要で、簡単には出来ない。
信頼できない年譜では、作品集に、瑕瑾を残すことになるのだ。

中川幸夫、が名が知られるようになってから、近づいてきて、著作物を刊行するとは、書き手の人間性が丸見えだ。

|

« 詩人長谷川忍 7月9日(水)午後7時から、第1119回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、18回目の参加 !京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、宙に、新作を、初めて聲に乗せる! | トップページ | 中原中也賞詩人神泉薫 7月12日(土)午後2時から、第1120回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、42回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を撃ち込む! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真家」カテゴリの記事

字家」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/59785534

この記事へのトラックバック一覧です: 字の仲間でもあるいけ花作家中川幸夫のドキュメンタリー映画「華 いのち 中川幸夫」が7日から、恵比寿の東京都写真美術館ホールで、始まりました。上映は、22日(日)までです。お見逃しの無いように!:

« 詩人長谷川忍 7月9日(水)午後7時から、第1119回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、18回目の参加 !京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、宙に、新作を、初めて聲に乗せる! | トップページ | 中原中也賞詩人神泉薫 7月12日(土)午後2時から、第1120回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、42回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を撃ち込む! »