« 鹿児島弁を駆使しする詩人竹内美智代 7月18日(金)午後7時から、第1123回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、28回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、鹿児島弁が炸裂する! | トップページ | 四日市市在住の詩人清水弘子、7月22日(火)午後7時から、第1124回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)の宙に2回目の聲を撃ち込む! »

2014/06/13

先日、外苑前に在る画廊、ときの忘れものを訪れたとき、主人の綿貫不二夫さんから、美術評論家の久保貞次郎さんの処に、私の字の作品が数点あるという話を伺った。

先日、外苑前に在る画廊、ときの忘れものを訪れたとき、主人の綿貫不二夫さんから、美術評論家の久保貞次郎さんの処に、私の字の作品が数点あるという話を伺った。

確かに久保さんが、字の作品を1点、買い上げてくださったことは覚えているが、数点となると分らない。
買い上げてくれることは若い作家には、大きな励みになる。

美術評論家久保貞次郎さんは、学長をしていた跡見女子大に、私を呼んでくれて、友人のアメリカ人の女性と二人で朗唱を行わせてくれたこともあった。
この時、有楽町西武に在ったミッソーニから、彼女の衣装を借りての公演だった。
衣装協:力ミッソーニと紹介すると、教場が大歓声に包まれた。
終わるとギャラとヘンリー・ミラーの版画を二人にくださった。

しかし、字作品を買われたことは、一度も久保さんの口から、聞いた覚えがないのだ。
一点は、1988年 銀座 夢土画廊で開催した「源初展」に、出品された作品のはずだ。
参加作家は大沢昌助(画家)・村井正誠(画家)・中川幸夫(いけばな作家)・砂澤ビッキ(彫刻家)・酒井忠康(評論家)・天童大人<三童人>(詩人)の六作家。
もう酒井忠康と私しか生き残っていない。

|

« 鹿児島弁を駆使しする詩人竹内美智代 7月18日(金)午後7時から、第1123回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、28回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、鹿児島弁が炸裂する! | トップページ | 四日市市在住の詩人清水弘子、7月22日(火)午後7時から、第1124回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)の宙に2回目の聲を撃ち込む! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/59808012

この記事へのトラックバック一覧です: 先日、外苑前に在る画廊、ときの忘れものを訪れたとき、主人の綿貫不二夫さんから、美術評論家の久保貞次郎さんの処に、私の字の作品が数点あるという話を伺った。:

« 鹿児島弁を駆使しする詩人竹内美智代 7月18日(金)午後7時から、第1123回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、28回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、鹿児島弁が炸裂する! | トップページ | 四日市市在住の詩人清水弘子、7月22日(火)午後7時から、第1124回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)の宙に2回目の聲を撃ち込む! »