« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »

2014/02/01

Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)、3月の公演日程表です。3月6日は詩人事故の為、順延・中止になりました。ご注意ください。是非、お好きな詩人の聲を探してください!

天童大人 プロデュース 詩人の肉聲とコトバとを聴く! 
    Projet La Voix des Poètes (詩人の聲)
―肉聲の復権を求めて!―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

                   2月

第1048回2月1日(土) ギャラリー絵夢(新宿)  紫 圭子(25)
第1049回2月2日(日) ギャラリー絵夢(新宿) 田中健太郎(30)
第1050回2月3日(月) ギャラリー絵夢(新宿)  杉山まゆ奈(4)
第1051回2月4日(火) ギャラリー絵夢(新宿) 岩田 亨(5)
(ギャラリー絵夢の全ての回は、開場17・45 開演17・50ですので、ご注意ください。)

第1052回2月12日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 平井弘之(2)
第1053回2月13日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 柴田友理(20)
第1054回2月19日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 福田知子(17)
第1055回2月20日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 禿 慶子(26)
第1056回2月23日(日) Hispanica(溜池山王) 神泉 薫(39)
(この回の開場は14:00 開演14:30 ですので、ご注意ください。)

第1057回2月24日(月) NPO法人東京自由大学(神田)   天童大人(38)
第1058回2月27日(木) Cache-cache d`Art(自由が丘)  原田道子(39)

                   3月
第1059回3月6日(木) Cache-cache d`Art(自由が丘) 中止・順延
第1060回3月9日(日) 数寄和(西荻窪)       白石かずこ(31) 
(この回の開場は15:30 開演16:00 ですので、ご注意ください。) 
 
第1061回3月11日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 天沢退二郎(20)
第1062回3月12日(水) Star Poets Gallery(三宿)  杉山まゆ奈(5)
第1063回3月14日(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 峯澤典子(3)
第1064回3月17日(月) 東京平和教会(駒込)        福田知子(18)
第1065回3月18日(火) Cache-cache d`Art(自由が丘)  岩田亨(6)
第1066回3月19日(水) Cache-cache d`Art(自由が丘)  筏丸けいこ(23)
第1067回3月20日(金) 東京平和教会(駒込)     天童大人(39)
(この回の開場は18:00 開演18:30 ですので、ご注意ください。)

第1068回3月24日(月) NPO法人東京自由大学(神田)  柴田友理(21)
第1069回3月26日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 北原千代(8)
第1070回3月27日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 峰岸了子(26)
第1071回3月28日(金) Cache-cache d`Art(自由が丘)  杉原梨江子(14)
第1072回3月29日(土) Cache-cache d`Art(自由が丘)   平岡けいこ(2)
第1073回3月30日(日) Hispanica(溜池山王前)        長谷川 忍(15)
(この回の開場は14:00 開演14:30 ですので、ご注意ください。)

                 (4月に続く)

                  開演時間

     *開演時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。
      Hispanica(溜池山王) 開場14:00 開演14:30
      ギャラリー絵夢(新宿) 開場17:45 開演17:50
   ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),
数寄和(西荻窪)、Cache-cache dArt(自由が丘),NPO法人東京自由大学(神田)は、 
              開場18:30 開演:19:00
,    入場料 予約  大人2,700円 当日  大人3,000 円
      学割1,500円 (学生証提示) 小・中学生 (保護者同伴無料)

*御予約は直接、各会場か北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。
参加:画廊:その他 
ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
メトロ京橋駅⑥番出口下車 徒歩1分 Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
                    E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿)  〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
   Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾)  〒106-0047港区南麻布5-1-5 Tel&Fax 03-3442-4584
 E-mail:gallery-hana@nifty.com
                  URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪)               〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
                       ℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
   www.sukiwa.net

Hispanica(溜池山王前) 〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F
銀座線・南北線「溜池山王」駅下車8番出口の前のアドレスビルの内,徒歩0分
   ℡:080-4119-9711(神田) ℡:090-3696-7098(天童)


Cache-cache d’Art(自由ガ丘)   〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
(カシュカシュダ―ル)   ℡080-3455-2111(西端)

ギャラリー絵夢(新宿) 〒161-0022 新宿区新宿 3-33-10 モリエールビル3F
                  メトロ新宿三丁目駅A5・A1 出口より徒歩1分
                      副都心線新宿3丁目E9出口より徒歩1分
                   Tel&Fax 03-3352-0413
       http://www.moliere.co.jp/galerie/
                              www.moliere.co.jp

NPO法人東京自由大学(神田)      〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
                  ℡ 090-6497-5030(岡野)  090-3696-7098(天童)

*予約・お問合わせ・その他は:

北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
Projetの日程を見るのは、URL:http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com/ をご覧く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Projet にこの1月にご寄贈くださった詩書たちです。ご協力、ありがとうございます。今後のこのProjetno活動に役立てますので、今後とも、宜しく、お願いいたします。

寄贈された詩書たち(68)2014・1・01~1・31

詩誌

原田道子「samething18」(書肆侃侃房)
光冨郁埜「狼」22号
堀内靖夫「不羈」Vol.39
平井弘之「榛名団」9号
天沢退二郎「EKE」No 43
天沢退二郎「EKE」No 44
神泉薫『現代詩手帖』12月号
神泉薫「samethinng18」(書肆侃侃房
神泉薫「虚の筏」6
岩田亨「運河」356
冨上芳秀「詩遊」No,41

詩集・歌集・句集・小説・エセイ

加藤園子・佐波園子『小樽詩話会 50周年Anthology』
原 詩夏至『レトロポリス』(コールサック社)
田川紀久雄『遠ざかる風景』(漉林書房)

詩論
その他
伊藤比呂美『父の生きる』(光文社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/29

現在、ノーベル文学賞に相応しい日本の作家と言えば、石牟礼道子を除いて、他に居ないだろう!是非 石牟礼道子に、ノーベル文学賞を!!!

現在、ノーベル文学賞に相応しい日本の作家と言えば、石牟礼道子を除いて、他に居ないだろう!
是非 石牟礼道子に、ノーベル文学賞を!!!

「歌といい、宗教というとき、わたしどもに訴えかけてくるのは、文字面よりはその肉声の方が、つよい力をもっているのはいうまでもない。そしてすぐれた物語りなどにわたしどもがよびさまされるのは、それが、肉声をもっているからではあるまいか」と石牟礼道子は書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/26

詩編の行替えの度に、聲の質が変わる。これだけの多様な聲が、出てくるのは、言葉によるのか!

20日、自由が丘のCache-cache d`Artで開催された第1040回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、参加して聲を撃ったわたし。
詩の言葉に聲が翻弄される。今まで聲を40年余り撃ってきたが、こんなことは一度も経験したしたことのないという瞬間が沢山あった。
何故、そんなことが起こったのか?
行が変わるたびに聲ノ質が変わり、多様な聲が吐き出される。
聲の振幅が大きいのだ。
特に、最初のイタリア詩編、「ヴェローナの怪物」いや、白衣を着た男が傍にいて聴いている気配があるのだが、誰だか分からないが、日本人ではない。
この聲の変容が特別かどうか、2月214日(月)に神田のNPO法人東京自由大学で、開催される第1057回projet La voix des Poètes(詩人の聲)に、38回目の参加で、第一詩集『玄象の世界』(永井出版企画)を、初心に帰って、聲に乗せてみる。
今後、毎月、聲を撃ち続けていけば、何か、確実なものをつかめるかもしれない。言葉で、聲が変わるのか、どうか重要な問題だ。
5月29日(木曜日)に開催予定の第25回 天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社 で、どんな聲を撃てるのか、楽しみだ。
今年の参加予定の詩人は、原田道子・紫圭子・竹内美智代・福田知子の5人の詩人。
25年間、良く続けて聲を撃ち込んできたものだ。
今年の聲の調子を占う絶好の機会なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »