« 詩人岩崎迪子  4 月 25 日(土)午後5時から、第1246回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、24回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、新作を聲に乗せ、撃ち込む! | トップページ | ノーベル文学賞作家、V・S・ナイポールの著書『イスラム再訪』の中で、今のテロ国家、ISの思考分析に役立つ文章を見つけた。 »

2015/03/17

仙台市在住の詩人文屋 順 4 月 27 日(月)午後7時から、第1247回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、5回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を聲に乗せて、撃ち込む!

第1247回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)
仙台市在住の詩人文屋 順 5回目の参加!

4 月 27 日(月)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を求めて!天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

愈々、二つ目の関門の5回目まで到達した詩人文屋順。
参加詩人の6割は、3回までで挫折。
この5回を超えると10回の大台が聳え立つ。
このProjetの1時間余り、自分自身と向き合う貴重な時間をどう自分のモノにするのか?
昨年8月30日に、64歳で亡くなった作家で詩人の稲葉真弓の精進振り、肉聲に対する真摯な取り組みを目の当たりに見ていると、『海松』、『半島へ』の二作品で六つの賞を受賞できたのも自然なことだと私は思う。
稲葉真弓自身も驚いたことだろうが、なに、聲を撃ち込んだ来た成果が、具現化した良い例なのだ。
さて今回は、住まいも決まり、落ち着いた気持ちで詩作も出来、フッワークのいい行動力で、どんな聲で、自作詩を撃ち込むのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)           
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
(カシューカシュダール)   ℡080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
Projetの日程を見るのは、URL:http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com/ をご覧ください。

|

« 詩人岩崎迪子  4 月 25 日(土)午後5時から、第1246回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、24回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、新作を聲に乗せ、撃ち込む! | トップページ | ノーベル文学賞作家、V・S・ナイポールの著書『イスラム再訪』の中で、今のテロ国家、ISの思考分析に役立つ文章を見つけた。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/61294582

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市在住の詩人文屋 順 4 月 27 日(月)午後7時から、第1247回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、5回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を聲に乗せて、撃ち込む!:

« 詩人岩崎迪子  4 月 25 日(土)午後5時から、第1246回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、24回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、新作を聲に乗せ、撃ち込む! | トップページ | ノーベル文学賞作家、V・S・ナイポールの著書『イスラム再訪』の中で、今のテロ国家、ISの思考分析に役立つ文章を見つけた。 »