« 仙台市在住の詩人文屋 順 4 月 27 日(月)午後7時から、第1247回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、5回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を聲に乗せて、撃ち込む! | トップページ | 歌人岩田亨 5月6日(水)午後7時から、第1249回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、20回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作の歌を聲にのせ、撃ち込む!! »

2015/03/18

ノーベル文学賞作家、V・S・ナイポールの著書『イスラム再訪』の中で、今のテロ国家、ISの思考分析に役立つ文章を見つけた。

ノーベル文学賞作家、V・S・ナイポールの著書『イスラム再訪』の中で、今のISの思考分析に相応しい文章を見つけた。
「規則の制定者に背くことは、指導者に背くことです。指導者に反対すれば、聖なる予言者に背くことになる。預言者に背けば、コーランに背くことになる。コーランは神から賜ったもの。背くことは死を持って罰せられる。だが、誰がその手を下すのか?それは規則を制定した人間です。けっして神ではありません。今後この行動は益々エスカレートされて来るだろう。ある男の言ったことが思い出される。未来が自分たちに、あるいは我々に、何をもたらすか、まったくわからない。」 

「宗教的指導者たちは、絶対的服従を強要した。宗教的規則以外何も知らない若者たちは、無邪気にも過激なナチス崇拝者となった。厳格な信仰から離れていく者も多かった。あるひとりの神学生が言った言葉が現実にならなければよいのですが。敵は我々の弱点をよく知っています。」

だから、あの男は、カリフ、を名乗ったのだ!

|

« 仙台市在住の詩人文屋 順 4 月 27 日(月)午後7時から、第1247回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、5回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を聲に乗せて、撃ち込む! | トップページ | 歌人岩田亨 5月6日(水)午後7時から、第1249回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、20回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作の歌を聲にのせ、撃ち込む!! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/61299980

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル文学賞作家、V・S・ナイポールの著書『イスラム再訪』の中で、今のテロ国家、ISの思考分析に役立つ文章を見つけた。:

« 仙台市在住の詩人文屋 順 4 月 27 日(月)午後7時から、第1247回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、5回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作詩を聲に乗せて、撃ち込む! | トップページ | 歌人岩田亨 5月6日(水)午後7時から、第1249回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、20回目の参加!自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、自作の歌を聲にのせ、撃ち込む!! »