« 鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代、 7 月 7 日(火) 午後7時から、第1277回Projet La Voix des Po?tes(詩人の聲)に、35回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、鹿児島弁が、炸裂する! | トップページ | 四日市市在住の詩人秦(清水)弘子、7月9日(木)午後7時から、第1279回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、13回目の参加!初めて、秦の名前で立つ今回、どんな聲を京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、撃ち込むのか? »

2015/06/16

詩人高橋睦郎 7月8日(水)午後7時から、第1278回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、14回目の参加。駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)で、古代の詩から、現代の詩までを自由に往還できる詩人高橋睦郎の聲を存分に浴びれる貴重な会! 

第1278回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人高橋睦郎 14回目の参加
7 月 8 日(水)
東京平和教会(駒込)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分

料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を求めて!天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

俳人・歌人・詩人で、古代の詩から現代の詩まで、自由自在に逍遥できる稀な詩人高橋睦郎、14回目の参加。
5月に刊行された「現代詩手帖」6月号の特集:高橋睦郎ー死者の声、冥府の力のお蔭で、「現代詩手帖」6月号は、品切れだとか。
今後ますます、高橋睦郎の存在が、重くなる。

何れ、『現代詩読本 高橋睦郎』も刊行されることだろう!
さて今回は、何を語らるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
東京平和教会(駒込)       
〒170-0003 豊島区駒込1-28-8 2F
Tel 090-6181-0556(天童)
JR駒込駅東口駅下車徒歩1分

*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-6181-0556 / 090-6181-0556
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

|

« 鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代、 7 月 7 日(火) 午後7時から、第1277回Projet La Voix des Po?tes(詩人の聲)に、35回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、鹿児島弁が、炸裂する! | トップページ | 四日市市在住の詩人秦(清水)弘子、7月9日(木)午後7時から、第1279回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、13回目の参加!初めて、秦の名前で立つ今回、どんな聲を京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、撃ち込むのか? »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/61751569

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人高橋睦郎 7月8日(水)午後7時から、第1278回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、14回目の参加。駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)で、古代の詩から、現代の詩までを自由に往還できる詩人高橋睦郎の聲を存分に浴びれる貴重な会! :

« 鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代、 7 月 7 日(火) 午後7時から、第1277回Projet La Voix des Po?tes(詩人の聲)に、35回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、鹿児島弁が、炸裂する! | トップページ | 四日市市在住の詩人秦(清水)弘子、7月9日(木)午後7時から、第1279回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、13回目の参加!初めて、秦の名前で立つ今回、どんな聲を京橋のギャルリー東京ユマニテの宙に、撃ち込むのか? »