« 歌人相田邦騎 10月21日(金)午後7時から、第1456回Projet La voix des Poètes(詩人の聲)に、4回目の参加。初めて、三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に、聲を撃ち込む! | トップページ | 鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代 10月26日(水)午後7時から、第1458回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、41回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、久し振りに、鹿児島弁が、炸裂する! »

2016/09/08

詩人鈴木東海子、10月22日(土)午後2時から、第1457回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)で、銀座のマリーン(予約03-3572-6565)で、自作詩を聲に乗せて、撃ち込む!

第1457回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人鈴木東海子、Projet,参加、2回目の聲
10月22日(土)
マリーン(銀座)
開演:14 時 00 分
開場:13 時 30 分
料金:3000円 予約2700円  学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

もうこまごました人の世話などよして、自分の作品をどんどん書いて、聲に乗せて行ったらどうですか?とお誘いした。
聲、肉聲は、年と共に、衰えて行くのが普通。
聲を出した者なら、分ることが沢山有るのだが、外側から見ただけでは分らない。
分らないから、聲を撃ち込み続けて行くのだ。
今回は、どんな作品を聲で聴けるのか?

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
*マリーン(銀座)                   
〒114-0061 中央区銀座7-7-6 
アスタービルプラザ2F
Tel:03-3572-6565
台湾料理屋の赤い看板の路地を入り、
右側のドアが入口。2F、エレベータを降りた右奥。

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

|

« 歌人相田邦騎 10月21日(金)午後7時から、第1456回Projet La voix des Poètes(詩人の聲)に、4回目の参加。初めて、三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に、聲を撃ち込む! | トップページ | 鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代 10月26日(水)午後7時から、第1458回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、41回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、久し振りに、鹿児島弁が、炸裂する! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

賞・選考委員」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/64176578

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人鈴木東海子、10月22日(土)午後2時から、第1457回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)で、銀座のマリーン(予約03-3572-6565)で、自作詩を聲に乗せて、撃ち込む!:

« 歌人相田邦騎 10月21日(金)午後7時から、第1456回Projet La voix des Poètes(詩人の聲)に、4回目の参加。初めて、三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に、聲を撃ち込む! | トップページ | 鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代 10月26日(水)午後7時から、第1458回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、41回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、久し振りに、鹿児島弁が、炸裂する! »