« 詩人禿慶子 6月24日(土)午後5時から、第1544回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、45回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、3度目の聲を、撃ち込む! | トップページ | 豊川市在住の詩人紫圭子  6月28日(水)午後7時から、第1546回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)で、45回目の参加, 京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、新詩集『豊玉姫』(響文社)を、撃ち込む »

2017/05/10

詩人原 詩夏至 6月27日(火)午後7時から、第1545回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に、2度目の聲を撃ち込む! 

第1545回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人原 詩夏至 Projet参加、3回目の聲。
6月27日(火)
Unica Gallery(三宿)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人で歌人・俳句・小説と多岐にわたる表現活動を続けている詩人原 詩夏至、Projet参加、3回目の聲!
聲を撃ち込みはじめて回目の聲、色々なことを試してみたいだろうが、1回、1回、詩作、俳句、歌作品と聲に乗せて、確かめえ行くうちに、確かな手応えを感じる時が来る。
その時が、訪れるまで、地道に聲を撃ち込み続けることだ。
さて3回目の今回は、何を聲に乗せるのか?
こうご期待!

Unica Gallery(三宿)       
〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13佐々木ビル2F-D 
Tel&Fax03-3422-3049
東急バス:三宿下車、徒歩4分 

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

|

« 詩人禿慶子 6月24日(土)午後5時から、第1544回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、45回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、3度目の聲を、撃ち込む! | トップページ | 豊川市在住の詩人紫圭子  6月28日(水)午後7時から、第1546回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)で、45回目の参加, 京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、新詩集『豊玉姫』(響文社)を、撃ち込む »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/65261177

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人原 詩夏至 6月27日(火)午後7時から、第1545回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に、2度目の聲を撃ち込む! :

« 詩人禿慶子 6月24日(土)午後5時から、第1544回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、45回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、3度目の聲を、撃ち込む! | トップページ | 豊川市在住の詩人紫圭子  6月28日(水)午後7時から、第1546回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)で、45回目の参加, 京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、新詩集『豊玉姫』(響文社)を、撃ち込む »