« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/24

詩人竹内美智代 6月15日(木)午後7時から、第1549回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、45回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、新詩集『聲にのせたことばたち-鹿児島の方言でー』刊行記念!全編を、聲に乗せる!

第1549回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 鹿児島弁を話せる詩人竹内美智代、Projet参加、45回目の聲。
6月15日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指して天童大人プロデュースー
「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

鹿児島弁詩集を「詩人の聲叢書」第3巻として、『聲にのせたことばたち -鹿児島の方言
でー』(響文社)定価(本体1,000円+税)が、刊行された。
表紙は、串木野港灯台、撮影は同級生の南竹力氏。
上段が鹿児島弁で、下段が共通語 と区分けされているので、竹内美智代の聲で、鹿児島弁を聴きながら、下段の共通語で確かめながら、鹿児島弁を楽しむ。方言を持てる者は、幸せなことだ。
しかし、今、方言を消し去ろうという動きもあるようだが、このアートパフォーマンスProjet La voix des Poètes(詩人の聲)では、出来るだけ、本源を聴いていただく試みを続けている。
照井良平のケセン語、友理の飯塚弁、など多士多彩な詩人たちがこのProjetには、参加されている。
さて今回、詩人竹内美智代の鹿児島弁を堪能しよう!
予約・お問い合わせ

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

聲を撃つ! 、聲を撃ち込む! とは、普通は言わないのだとか?

聲を撃つ! 、聲を撃ち込む! とは、普通は言わないのだとか?
何故だろうか?
聲は出すもの? 
わたしには聲は、撃ち込むものだと思っている。世界各地の聖地に撃ち込ん出来た聲は、いずれ、一つの点が、大きくなって行く時のことを考えている。
今、幸いに、肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)という聲を撃ち込む場が有るので、非常に楽に聲を撃ち込む事ができる。
それまでは、会場を借りて、自分でチケットを作り、集客もしながら聲を撃ち込み続けて来た。
名前が有るとか無いとかではなく、ともかく必死なって聲を撃ち込んできた。
先日も、都内で開催し続けているマスタークラスに主宰者のH氏に誘われて、参加し、聲を撃ち込んできた。
声楽家も聲を出す、という点では、共通項がある。
色々な聲を聴くことは、本当に学ぶことが多い。
有難い機会だ。
こんなチャンスを活かさない手は無い。2回ほど聲を撃ち込ませていただいた。本当にありがたい。

日本人の出す聲は、日本の聲なのだろうか?
英文学者壽岳文章先生に所望されて、ひと聲を向日市のご自宅の居間で、1983年5月、撃ち込んだ後、壽岳先生は、戦前に、帝国劇場で、シャリアピンの聲を聴いたが、貴方の聲は、オリエンントの香りがすると言われた。

1990年7月、ザルツブルグのモーツァルトティームで開催されたソプラノ歌手がリーナ・ヴィシネフスカヤのオーデションで、聲を撃ち込んだ後、貴方の聲は、オリエントだと言われた。

壽岳先生とガリーナに言われたオリエントの聲とは、何か?

わたしには謎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/11

富山市在住の詩人田中健太郎 6月30日(金)午後7時から、第1548回Prjoet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、44回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、2回目の聲を撃ち込む!      

第1548回Prjoet La Voix des Poètes(詩人の聲) 富山市在住の詩人田中健太郎 Projet参加、44回目の聲。
6月30日(金)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

「詩人の聲叢書」第2巻として、初めてのエッセイ集『旅ゆくヒトガタ』(響文社)が、刊行された後の今回。
何を聲に乗せて、撃ち込むのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017/05/10

先達詩人菊田守 6月29日(木)午後7時から、第1547回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03ー3562-1305)の宙に、「妙正寺川辺りで」」を聲に乗せて、撃ち込む!, 

第1547回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 先達詩人菊田守 Projet参加、3回目の聲!
6月29日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

今回は住まわれている近くの川、「妙正川の辺りで」をテーマに書かれた詩作品を中心に、聲を撃ち込みます。
4月28日の第1回日の聲を聴いて、驚きました。
聲の質が、考えているよりも、良いのです。
聲に乗せた作品を聴きながら、小動物の作品をどんどんこれから聲に乗せて行くと面白い。
80歳からの挑戦と自ら言う詩人菊田守の聲。これからますます楽しみだ。
さて今回は、どんな聲を聴かせてくれるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋) (移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊川市在住の詩人紫圭子  6月28日(水)午後7時から、第1546回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)で、45回目の参加, 京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、新詩集『豊玉姫』(響文社)を、撃ち込む

第1546回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)豊川市在住の詩人紫圭子 Projet参加、45回目の聲!
6月28日(水)
ギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

新詩集『豊玉姫』(響文社)が、「詩人の聲叢書」第5巻として出来上がって来た日に、同じ会場で、初めて、全編を通して聴いた。
活字で印字されたことばと異なり、耳で、紫圭子の聲で、詩集『豊玉姫』を聴くとでは、全く違う。ルビを振られていないため、紫圭子がどう音に変化させていくのか、眼で聴きながら、耳で読んだいた詩集『豊玉姫』。
異界に誘われ行く楽しみに、満ち溢れている詩人紫圭子の世界。
5月26日、第28回 天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社に参加して、豊玉姫の墳墓に、詩集を奉納した後の今回の聲!
どう聴かせていただけるのか?
豊玉姫が姿を現してくださるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人原 詩夏至 6月27日(火)午後7時から、第1545回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、3回目の参加。三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に、2度目の聲を撃ち込む! 

第1545回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人原 詩夏至 Projet参加、3回目の聲。
6月27日(火)
Unica Gallery(三宿)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人で歌人・俳句・小説と多岐にわたる表現活動を続けている詩人原 詩夏至、Projet参加、3回目の聲!
聲を撃ち込みはじめて回目の聲、色々なことを試してみたいだろうが、1回、1回、詩作、俳句、歌作品と聲に乗せて、確かめえ行くうちに、確かな手応えを感じる時が来る。
その時が、訪れるまで、地道に聲を撃ち込み続けることだ。
さて3回目の今回は、何を聲に乗せるのか?
こうご期待!

Unica Gallery(三宿)       
〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13佐々木ビル2F-D 
Tel&Fax03-3422-3049
東急バス:三宿下車、徒歩4分 

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

詩人禿慶子 6月24日(土)午後5時から、第1544回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、45回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、3度目の聲を、撃ち込む!

第1544回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人禿慶子 Projet参加、45回目の聲。
6月24日(土)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:17 時 00 分
開場:16 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

もし、84歳になる詩人禿慶子が、この肉聲の復権を目指しているProjetのことを、もっと早く知っていたらと考えると、残念だ、と思う。
しかし、遅れての参加だから、真剣に聲を撃ち込み続けたとも言える。
4月の第43回目の聲は、不思議な感覚だったことだろう。本人は、リズムを途中から早めたという感覚。実際は、100分間、1冊の詩集を、全編、聲に乗せるのに費やした。以前は、80分だったのだ。
その差は、場が替わり、壁に、未だ誰の聲の痕跡も残されてはいなかったからだ。
口火を鑽るとは、そういうこと。
自然の場では、常に、新しい空間で、宙を鑽ることは、とても難しいことなのだが、あまり理解されていない。いや、理解できないのだ。
さてこの場で3回目の経験。どんなリズムを刻めるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました) 〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都市在住の詩人友理 6月10 日(土)午後5時から、に、急遽、変更になりました。第1543回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、50回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、ゴットン節が、炸裂する!

第1543回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)京都市在住の詩人友理、Projet参加、50回目の聲。
6月10日(土)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:17 時 00 分
開場:16 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-


遂に、詩人友理は、Projet参加、50回目の大台に到達した、開催日時を変えて。。
友理のゴットン節は、絶品。
一度、是非、お聴きいただきたい友理独創のゴットン。
世界、唯一の唄い手。
福岡の里山で、聲で、鹿を招き寄せ、自然と交感することも覚え、益々独自の世界を歩んでいる詩人友理。
さて50回のこの回で、どんなコトバを聲に乗せて、新しい場に撃ち込むのか!
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました) 〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

詩人勝嶋啓太 6月22日(木)午後7時から、第1542回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、12回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、初めて、聲を撃ち込む!  

第1542回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人勝嶋啓太 Projet参加、12回目の聲。
6月22日(木)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

今後、 独自の感性を持つ詩人勝嶋啓太の詩作品が、どう展開し、新たな地平を同切り拓いて行くのか?
楽しみだ。ただ体を痛めているだけに、十分に体調管理に気を付けて、聲を撃ち込み続けて、行ってもらいたい。
では、今回は、どんな新作を聴けるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
*Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)


予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人長谷川忍 6月21日(水)午後7時から、第1541回Projet La voix des Poètes(詩人の聲)に、51回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)に、3回目の聲を、撃ち込む!

第1541回Projet La voix des Poètes(詩人の聲)詩人長谷川忍、Projets参加、51回目の聲。
6月21日(水)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

参加詩人で、Projet参加回数が50回を超えるのは、4人目。
もう刊行できる詩集に収められる作品は、毎回、二編の詩作品を書き継いでいるので、十分にある。
どれだけ新作に、新たな境地を見出すのかは、詩人本人の歩行の方法を変えることだ。
見えるものは幻と直識出来れば、詩作品は大きく変化すのだが。
今回は、どんな聲に、新作をのせるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

歌人熊野まさこ 6月13日(火)午後7時から、第1540回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)3回目の参加。初めて、京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、自作歌を聲に乗せ、撃ち込む!

第1540回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)歌人熊野まさこ Projet参加、3回目の参
6月13日(火)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

混迷のなか、自分自身を見つめ直す絶好の機会のこのProjetでの1時間。
手探りで作歌し続けて行き、聲に乗せて行くことで、新たな地平を切り拓いて行けるのではないか?
どんな聲に、自作歌をのせるのか?
一生懸命、聲に乗せてごらん!

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ(京橋) (移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋市在住の俳人馬場駿吉 6月12日午後7時から、第1538回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、久し振りに、5回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、初めて聲を撃ち込む!

第1538回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)名古屋市在住の俳人馬場駿吉 Projet,参加、5回目の聲。
6月12日(月)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
名古屋市在住の俳人馬場駿吉、久し振りに、Projet参加、5回目の参加。(この回数は正確かどうか不明)
京橋のギャルリー東京ユマニテが移転して、加納光於展の初日に、久方ぶりに、お会いした。
何時もフットワークが良いので、未だ70代とばかり思いこんでいたら、85歳になられているので、驚いた。
本当にお若い。
さて今回、新しい路面店での会場。
その場は、既に、伊藤比呂美、天沢退二郎、、紫圭子と聲を撃ち込まれた会場。
どんな言葉を、聲にのせてくださるのか?
久し振りの聲!

こうご期待!

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

詩人筏丸けいこ 6月3日(土)午後7時から、第1538回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、46回目の参加。初めての場、西荻窪の忘日舎(予約03-3396-8673)で、新刊『人間ポンプ』刊行記念!

第1538回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人筏丸けいこ、Projet参加、46回目の聲。
6月3日(土)
忘日舎(西荻窪)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

愈々、フラミンゴ社から『人間ポンプ』が刊行された。
眠っていた原稿が、ついに目覚めって、動き始めた。
既に、筏丸けいこ本人から、詳しく、お知らせがあることだろうが、1冊の書物に形が整うと、更に、大きなうねりになっていくことだろう。
何時だったか北野武が、「人間ポンプ」のことを話をしているのを見て、もしこの本を北野武が見たら、喜ぶことだろう、と勝手に思っていた。
西荻窪は、以前、数寄和さんに、お世話になった土地柄で、戻ってきた感じだろうか?
今回は、『人間ポンプ』発刊記念!
初めての場で、どんなことに、なりますか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
*忘日舎(西荻窪)              
〒107- 0042 東京都杉並区西荻北3-4-2
Tel&Fax 03-3396- 8673
JR西荻窪駅徒歩3分。改札は1ヶ所、
北口を出てすぐ左側にある西友店をまっすぐ通り抜け、
そのまま反対側出口をでて右眺め向い側になります。
ラーメン屋さん、花屋さんの並びです。

*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)が、終了後、5分から10分、参加詩人との質疑応答の時間を、第1523回の会から、設けましたので、お気軽に参加して、お尋ねください。

今まで、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)では、参加詩人が、一生懸命、自作詩を聲にのせることで、聲を鍛えてきた。
その役目を果たしつつ、参加してくださっている方々からの質門などを受け付けて来なかった。
しかし、飲めない方も多くいらして、二次会に参加できず、何故かを訊ねたくても訊ねれなかった方々のために、この5月、第1523回のから、聲を撃ち終わった後で、5分から、10分、質疑応答の時間を設けることにしましたので、気軽に、ご参加され、ご質問ください。
詩人も多くを学べる時間になりそうです。

参加詩人は、ご協力ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/05

京都市在住の詩人福田知子 6月2日(金)午後7時から、第1537回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、40回目の参加!初めて、自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、聲を撃ち込む!

第1537回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)京都市在住の詩人福田知子 Projet参加、40回目の聲。
6月2日(金)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
京都市在住の詩人福田知子 Projet参加、40回目の聲!
地方から東京に通ってでも、自作詩を聲にのせて、ノーマイク、音楽無しで、肉聲で、聲を撃ち込む機会は、全国に、在るかも知れないが、1500回を超えているのは、世界で、このProjetだけ。
そのアートパフォーマンスに、40回の大台に到達したのは参加詩人の中で、11人目。
出来るときには、必ず聲を撃ち込む習慣をつけて行くことが、自分自身の新たな地平を切り拓くことに繋がるのだ。
さて今回は、初めての場で、どんな詩作品を、どんな聲にのせるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/03

詩人・朗唱家・字家の天童大人 6月1日(木)午後7時から、第1536回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、77回目の参加。初めて、自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、聲を撃ち込む! 

第1536回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人・朗唱家・字家の天童大人 Projet参加、77回目の聲。
6月1日(木)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人・朗唱家・字家の天童大人 Projet参加、77回目の聲!
5月26日に、対馬・和多都美神社で開催される第28回 天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社を、終えて、初めての聲。
最近になり、「対馬・和多都美神社 in 聲ノ奉納」が28年! 詩人の聲が、11年8ヶ月で、1536回。
何が、こうまでさせているのか?ただ「ヒトの肉聲が大好きだ!」とだけでは無い、何かがある筈だ。
本当に、それだけだろうか?
今回、新しい場で、聲を撃ち込む楽しみがある。
どんな聲を、撃ち込めるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tel:03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

5月の肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes (詩人の聲) の、公演日程表です。お好きな詩人の聲を探しで、是非ご参加ください.6月15日に、第1549回として、詩人竹内美智代、45回目の参加が、追加されました。

 5月の天童大人プロデュース詩人の肉聲とコトバとを聴く!の日程表です・ 
肉聲の復権を求めた
アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes (詩人の聲)
―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー  
     
5月 (第1523回~第1535回)

第1523回5月3日(水)Cache-cach d`Art(自由が丘)  田中健太郎(43)
(この回の開場は16:30 開演は17:00 ですので、ご注意ください。)
第1524回5月8日(月)Cache-cache d`Art(自由が丘) 筏丸けいこ(45 )
第1525回5月12 日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 天童大人(76)
第1526回5月16日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 神泉 薫(56)
第1527回5月18日(木)Unica Gallery(三宿)  原 詩夏至(2)
第1528回5月19日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 原田道子(56)
第1529回5月20日(土)Cache-cache d`Art(自由が丘) 友理(49)
第1530回5月22日(月)Cache-cache d`Art(自由が丘) 禿慶子(44)
第1531回5月23日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 勝嶋啓太(11)
第1532回5月24日(水)Cache-cache d`Art(自由が丘) 長谷川忍(50)
第1533回5月29日(月)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 菊田 守(2)
第1534回5月30日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 竹内美智代(44)
第1535回5月31日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 秦ひろこ(30)

6月(第1536回~第1549回)

第1536回6月1日(木)Cache-cache d`Art(自由が丘)  天童大人(77)
第1537回6月2日(金)Cache-cache d`Art(自由が丘)  福田知子(40)
第1538回6月3日(土) 忘日舎(西荻窪)    筏丸けいこ(46)
第1539回6月12日(月)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 馬場駿吉(5)
第1540回6月13日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 熊野まさこ(3)
第1549回6月15日(木)ギャルリー東京ユマニテ(京橋)竹内美智代(45)
第1541回6月21日(水)Cache-cache d`Art(自由が丘) 長谷川忍(51)
第1542回6月22日(木)Cache-cache d`Art(自由が丘) 勝嶋啓太(12)
第1543回6月23日(金)Cache-cache d`Art(自由が丘) 友理(50)
第1544回6月24日(土)Cache-cache d`Art(自由が丘)  禿慶子(45)
(この回の開場は16:30 開演17:00 ですので、ご注意ください。)
第1545回6月27日(火)Unica Gallery(三宿)    原 詩夏至(3)
第1546回6月28日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 紫圭子(45)
第1547回6月29日(木)ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  菊田守(3)
第1548回6月30日(金)Cache-cache d`Art(自由が丘)  田中健太郎(44)

(7月に続く)

*開場時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Cache-cache d`Art(自由が丘)、Unica Gallery(三宿), 
忘日舎(西荻窪),      開場18:30 開演:19:00        
入場料 予約:大人2,700円 当日:大人3,000 円 学割:1,500円 (学生証提示)

協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

*御予約は直接、各会場か北十字舎へ電話・FaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他 
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋) (移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

*Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

*Unica Gallery(三宿)       
〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13佐々木ビル2F-D 
Tel&Fax03-3422-3049
東急バス:三宿下車、徒歩4分 

*忘日舎(西荻窪)              
〒107- 0042 東京都杉並区西荻北3-4-2
Tel&Fax 03-3396- 8673
JR西荻窪駅徒歩3分。改札は1ヶ所、
北口を出てすぐ左側にある西友店をまっすぐ通り抜け、
そのまま反対側出口をでて右眺め向い側になります。
ラーメン屋さん、花屋さんの並びです。

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史〒
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の案内状です。

天童大人プロデュース詩人の肉聲とコトバとを聴く!

アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)
      ―肉聲の復権を求めて!「目の言葉」から「耳のコトバ」へー   
       2017年5月(第1523回~第1535回) 

 詩集の目の言葉を、耳のコトバへと、肉聲の復権を目指したProjetは、11年7ヶ月になりました。東京を何時でも詩人の肉聲で詩が聴ける街にする,と同時に、詩人や作家の聲を育て、美しい母語の日本語を世界に響かせたい!肉聲を聴ける機会がほとんどない今こそ、肉聲を鍛え、聲の力を復権させたいと、このアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)は2006年10月14日、日本の聲の先達詩人白石かずこの聲から口火を鑚り、この4月28日迄で、1523回の公演の全ての回をプロデュースし、参加した詩人・作家の聲を聴き続けてきました。参加詩人にとって、1時間余り、マイクも音楽もなく、ただ自分の書いた詩作品と真摯に向き合える貴重な場と時間です。2月16日(木)には、第1500回記念公演を詩人高橋睦郎の聲で、駒込の東京平和教会で、刻むことが出来ました。
耳から目の言葉へと自由に往還できる「詩人の聲叢書」を、2015年5月に、第1巻、天童大人詩集『長編詩 ピコ・デ・ヨーロッパの雪』(響文社)で、創刊。今月、第5巻、紫圭子詩集『豊玉姫』、続いて、第2巻、田中健太郎エッセイ『旅ゆくヒトガタ』、第3巻、竹内美智代詩集『聲にのせたことばたち-鹿児島の方言でー』が、続けて刊行されます。
目から耳、耳から目へと自在に往還する軽やかな一冊は、Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)の、未知なる表現の磁場として歩んでまいります。
このProjetに、協力して開催して下さる会場は、5月現在、ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Cache-cache d`Art(自由が丘),Unica Gallery(三宿)の3ヵ所。    
肉聲の復権を求めた世界でも稀なこのアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)を、多くの方々に御喧伝して頂き、御自分の好きな詩人の肉聲と言葉とを探しに、またご参加ください。(ウキペディアで、詩人の聲、を、検索して見てください。)
協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房 
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
2017年5月 黄道吉日                     
UNIVERSAL VOICE® 天童大人
(Producteure&Directeure)
このアートパフォーマンスProjetに参加希望の詩人、作家、画廊は、
下記宛にお問い合わせください。
北十字舎 / 松本匡史  〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5 
Tel:03--5982-1834, Fax:03-5982-1797 Mobil:090-3696-7098                 
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月に、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、贈られた詩書達です。Projet開催に際して、参考にさせていただきます。ありがとうございます。今後とも、宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(106)0401~0430
詩誌
市原千佳子「宮古島文學」No.12
峰岸了子「タルタ」40号
原詩夏至「まろにゑ」第24号

詩集・句集・歌集
田中勲『幻の光の中で』(七月堂)
原詩夏至『日本国憲法の理念を語り継ぐ詩歌集』(コールサック社)
菊田守『日本動物詩集』(文芸社)

その他
杉山睦子「ゆきのまち幻想文学賞小品集26」
内海宏隆『別冊 木山捷平研究 犬童進一ノート』(木山捷平文学研究会編)
筏丸けいこ 大隅和雄『中世の声と文学』(集英社新書)
太原千佳子『長編詩『サウル』を読む』(土曜美術社出版販売)
菊田守『詩のこころ』(明眸社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »