« 詩人野間明子 12月19日(火午後7時から、第1601回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、11回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の場に、初めて、新詩集』曖昧譚』(七月堂)を全編、聲に乗せて、撃ち込む! | トップページ | 伊藤比呂美の紹介で、詩人乙益由美子のProjet参加が決まりました。1970年代後半に盛んに朗読を行っていた乙益由美子の聲に、ご期待ください。 »

2017/11/09

詩人勝嶋啓太 12月21日(木)午後7時から、第1602回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、14回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)で、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!

第1602回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人勝嶋啓太 Projet参加、14回目の聲。
12月21日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスー「目の言葉」から、「耳のコトバ」へ-

腰を痛めている詩人勝嶋啓太、もっと書き続けて聲見続けて行くと、面白い世界がよりハッキリして来る筈だ。
体をいたわり続けてでも、聲を撃ち込むことで、言葉の繋がりがはっきり分かる。
今回は、どんな作品を聲に乗せて、撃ち込むことが出来るのか?

こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)            
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
松本匡史/北十字舎(10月1日に、移転しました。) 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

|

« 詩人野間明子 12月19日(火午後7時から、第1601回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、11回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の場に、初めて、新詩集』曖昧譚』(七月堂)を全編、聲に乗せて、撃ち込む! | トップページ | 伊藤比呂美の紹介で、詩人乙益由美子のProjet参加が決まりました。1970年代後半に盛んに朗読を行っていた乙益由美子の聲に、ご期待ください。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/66023413

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人勝嶋啓太 12月21日(木)午後7時から、第1602回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、14回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)で、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!:

« 詩人野間明子 12月19日(火午後7時から、第1601回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、11回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の場に、初めて、新詩集』曖昧譚』(七月堂)を全編、聲に乗せて、撃ち込む! | トップページ | 伊藤比呂美の紹介で、詩人乙益由美子のProjet参加が決まりました。1970年代後半に盛んに朗読を行っていた乙益由美子の聲に、ご期待ください。 »