« 85歳の詩人禿慶子 2月15日(木)午後7時から、第1614回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、52回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、聲を撃ち込む! | トップページ | 詩人・朗唱家・字家の天童大人 2月17日(土)午後2時から、第1616回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、84回目の参加。銀座のマリーン(予約03-3572-6565)の宙に、1月、ダッカのKATHAK LITERARY賞2018、の受賞記念の聲を撃ち込む! »

2018/01/11

京都在住の福田知子 2月16日(金)午後7時から、第1615回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、41回目の参加。神保町のブックカフェ二十世紀(℡03-5213-4853)で、2回目の聲を撃ち込む!

第1615回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)京都在住の福田知子 Projet参加、41目の聲。
2月16日(金)
場所:ブックカフェ二十世紀(神保町)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスProjetに、京都在住の詩人福田知子、8ヵ月ぶりの41回目の参加。

今年に為って刊行した6冊目の詩集『あけやらぬ みずのゆめ』の刊行記念の聲。
8ヵ月ぶりの参加だが、Projetに参加しなくても聲は継続して撃ってきたと自負する聲とは、どんな聲なのか?
それは楽しみだ。
この空間では2回目の聲出し。
多くの人に聴いて頂ければ良いのだが。

こうご期待!

予約・お問い合わせは
ブックカフェ二十世紀(神保町) 
〒101-0051 東京都千代田区神田神保2-5-4 2F
Tel:03-5213-4853

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

 

|

« 85歳の詩人禿慶子 2月15日(木)午後7時から、第1614回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、52回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、聲を撃ち込む! | トップページ | 詩人・朗唱家・字家の天童大人 2月17日(土)午後2時から、第1616回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、84回目の参加。銀座のマリーン(予約03-3572-6565)の宙に、1月、ダッカのKATHAK LITERARY賞2018、の受賞記念の聲を撃ち込む! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/66267666

この記事へのトラックバック一覧です: 京都在住の福田知子 2月16日(金)午後7時から、第1615回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、41回目の参加。神保町のブックカフェ二十世紀(℡03-5213-4853)で、2回目の聲を撃ち込む!:

« 85歳の詩人禿慶子 2月15日(木)午後7時から、第1614回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、52回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、聲を撃ち込む! | トップページ | 詩人・朗唱家・字家の天童大人 2月17日(土)午後2時から、第1616回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、84回目の参加。銀座のマリーン(予約03-3572-6565)の宙に、1月、ダッカのKATHAK LITERARY賞2018、の受賞記念の聲を撃ち込む! »