カテゴリー「字家」の記事

2017/03/12

詩人・朗唱家・字家の天童大人 4月7日(金)午後7時から、第1513回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、75回目の参加!駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)の宙に聲を撃ち込む!                

第1513回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人 Projet、参加75回目の聲
4月7日(金)
東京平和教会(JR駒込駅東口下車徒歩1分)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を求めた天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

1ヵ月、聲を撃ち込まないと、何かおかしいのだ。
何だろう?この感覚は?
聲を撃つことを自然に出来るようになりたいと願っているのだが。
どんな聲を撃ち込めるのか?
乞うご期待!

*東京平和教会(駒込) 
〒170-0003 豊島区駒込1-28-8 2F 
JR駒込駅東口駅下車徒歩1分
Tel:090-3696-7098(天童)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/12

詩人・朗唱家・字家の天童大人 4月13日(月)午後7時から、第1240回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、52回目の参加!神田のNPO法人東京自由大学の宙に、聲を撃ち込む!

第1240回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人・朗唱家・字家の天童大人 52回目の参加!
4 月 13 日(月)
NPO法人東京自由大学(神田)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分

料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を求めて!天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

今回は、遂に、詩集『長編詩 ピコ・デ・ヨーロッパの雪』の完成目前。
これはProjetとしてー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-を推し進めてきて、9年半の時を経て、ー「耳のコトバ」から「目の言葉」へーと、テキストとしての詩集、「詩人の聲叢書」の刊行に踏み切ることにし、第1巻として、準備を始めています。
他の詩人にお頼みできないので、先ずは小生の詩集を制作して、土台といたしますので、ご期待ください。

予約・お問い合わせは
NPO法人東京自由大学(神田)      
〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2F
Tel 090-6497-5030(岡野)  
Tel 090-6181-0556(天童)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
Projetの日程を見るのは、URL:http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com/ をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/09

字の仲間でもあるいけ花作家中川幸夫のドキュメンタリー映画「華 いのち 中川幸夫」が7日から、恵比寿の東京都写真美術館ホールで、始まりました。上映は、22日(日)までです。お見逃しの無いように!

ドキュメンタリー映画「華 いのち 中川幸夫」が7日から、恵比寿の東京都写真美術館ホールで、始まりました。8日、第二回上映後に、世田谷美術館館長で、美術評論家・字の仲間の酒井忠康氏の推薦で、ミニトークに出演してきました。
次回は14日(土)の2回目の上映後の14時35分から15時までです。
何を話すのか?まだ決めていません。このために「中川幸夫の箱」を開けて資料を読み込みました。
森山明子著『まっしぐらの花 中川幸夫』の年譜記載に、間違いが有るのに驚きました。
森山明子からは、1度も問い合わせを受けていないので、当然の事でしょう。
ギャラリーいそがやで開催していたグループ展の時にも、森山明子は見に来ては居ない、とオーナーの長尾喜和子女史に確認してみました。
思い込みだけで記載されては、大きな迷惑。
中川幸夫、存命中に刊行された第4冊目の作品集『魔の山』の年譜も同じように、確認しないで記載した間違いが有り、17年間続いた「字作品」のグループ展に参加された多くの作家たちにも、ご迷惑をかけするいる。
作品集の年譜の記載は、特に重要で、簡単には出来ない。
信頼できない年譜では、作品集に、瑕瑾を残すことになるのだ。

中川幸夫、が名が知られるようになってから、近づいてきて、著作物を刊行するとは、書き手の人間性が丸見えだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/16

今日、わが敬愛する英文学者壽岳文章先生が、1992年1月16日に亡くなられた。

今日、わが敬愛する英文学者壽岳文章先生が、1992年1月16日に亡くなられた。
1978年6月詩誌「北十字(CYGUNUS)」を創刊し、どんな評をされるか。未知の壽岳先生にお送りする。
すると「この風格を堅持するのはたいへんでしょうが、括目しております。」との励ましのお葉書をいただいた。
壽岳先生にお送りするのは、86年秋季号第16号まで、封筒に宛名は墨書で。83年4月雑誌「銀花」の名編集長細井富貴子女史から、新しい雑誌「手紙」を創刊するので、手伝ってもらいと、「手紙」編集部で仕事する。
その創刊準備号で、壽岳先生に原稿依頼の電話をする。
すると、テンドウさんて、もしかしたらキグヌスの、と仰り、一気に話が弾み、原稿が出来たら向日居に取りに来るようにと言われた。
それから大きな展開がある。
どれだけ色々とお話をしたことか。実際にお会いしたのは、原稿取りの1回のみと言うのにだ。
向日居の居間には、富本健吉、濱田庄司、河井寛次郎などの陶器が用いられていたのだ。
話が進んだとき、貴方の字は、なんといわれますか?
え! 「いい字ですよ」。
この一言で、字家(商標登録済)として、字を書くことが決まった。
慈雲さんが好きな壽岳先生に言われた一言が、励ましてくれた。
そして初めての字の個展のパンフレットに「不思議な人物の随一」と書かれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/15

昨日の朝、1日遅れて、無事イラクからイスタンブール経由で帰国しました。テロにもあわず、フセイン前大統領の避暑の別荘として使われた建物に、ギリシアからの女流詩人。ドイツからの詩人夫妻らと、かってよく見たフセイン大統領のインタビュー会場の2階の回廊の一室に9日間宿泊し、第2回バビロンj国際文化・芸術祭の一環としての字の個展を行ない、国際詩祭では、16ヵ国30人の詩人たちと交流し、聲を交わしてきました。イラク・バビロンで催事を行なった日本人は初めてだ、と言っていましたが、どうでしょうか?

イラク・バクダット空港付近は、レッドゾーンで、非常に危険だから渡航を自粛してもらいたいと外務省海外テロ対策本部から、言われたのですが、自己責任で、詩人の約束事が守ることから、二年越しの約束を果たしに、イラク・バクダットに、向かいました。
初めて搭乗するトルコ航空は、洗面道具入れを乗客に配布するなど十数年前のアリタリア航空のサービスを思い出しました。
トルコは国を挙げて、オリンピック誘致に向けて動いているる感がしました。
イスタンブール空港の賑わいは、深夜も続き、3時の搭乗時間でも、凄い活気が有り、深夜閉鎖されている成田空港の実情では、全くかないません。
オリンピックは、このままでは、残念ながら、イスタンブールに決まるでしょう!
成田空国からの交通アクセスの悪さでは、太刀打ちできません。
羽田空国が、24時間稼働が可能でしょうか?
こんなに物価が高くては、大勢の観光客を誘致できる条件から、大きく隔たっています。

さて、イラク・バクダット空港ですが、ビザは事前に取得する必要はない、大使館は関係ない、とバビロンの方から連絡が有り、一度はイラク大使館領事部に電話をし、招待状まで、FAXで送ったのですが、返事もなく、また返事が無い事を幸いに、ビザ無しで、バクダット空港に降り立ちました。

入管手続き前で待つこと20分、主催者のアリが、我々パスポートを持って姿を消しました。
待つこと30分、ビザが押されたパスポートを各自が受け取り、空港を後にしました。
検問の連続ですが、アリが運転手に渡した何かを見せると検問の兵士なり、警察官が挙礼をし、即時に通過させてくれます。
到着した建物は、フセイン前大統領の避暑用の住まいの建物で、2階の回廊に4室が有り。
ギリシアの女性詩人、小生、ドイツからの詩人夫妻と3室を、我々、バビロンフェステバル参加者が使用です。
直ぐ、レストランに向かい、遅めの朝食です。
食べ終わると、直ぐ会場に向かい、字作品32点の展示を行わなくてはなりません。
ドイツの詩人夫妻の協力して貰い、馴れない手つきで展示し終わったのは、5時までに終わり、無事に、開会に間にあいました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/02

古代バビロンに、肉聲を撃ち込む機会が、巡ってきた!詩作品「異聞 バベルの塔」を、思いっきり、撃ち込んで来よう!肉聲の波動が、手裏剣のように、古代バビロンの大地に突き刺さり、胎動を始めるだろう!!!!!

パスポートが必要なのは、入国審査を通過する時だけ。後は、日本人だかどうかは、もう誰もわからない。

先日、初めてお会いしお話しした詩人の北川透さんが、貴方、本当にに日本人?と言われる。

翌朝、食堂で朝食の用意をしているとき、詩人紫圭子さんが、イラクに行かれるそうですよ、と言うと、イラク?イラク、って、あのイラク?と言われ、驚かれていた。

昨年の第1回babylon Festival Foar International Cultures And Artsと題された国際詩祭を兼ねたイヴェントにも日本と友好のためにと、口説かれたが、4月になってからでは、プロジェクトの日程を組み替えるのは困難だった。
約束事は、守らなければならない。
外務省の一部所の感じの良い応対に、ぜったに禁止は出来ないが、自己責任で、ホテルの警備、バクダット空港からバビロンに向かう車両警備の確認、特にバビロンはテロの多いところで、テロに巻き込まれるときのことを考えて、在イラク日本大使館とは、緊密な連絡を取られたい、と言う。

日本の在外大使館が、動いてくれた経験は、今までで、2006年7月、第3回カラカス国際詩祭に、日本大使自ら国際詩祭の会場に足を運ばれ、ただ一人、2400席の国立劇場でノーマイクでの聲に、聴衆が、大歓声で沸いたのを見られて、翌日、カラカス・ヒルトンホテルまで、足を運ばれ、お寿司を御馳走になったぐらいだろうか!
2000年11月の第3回、セネガル・ダカール国際詩祭では、主催者から、日本大使館に、招待状を送ったが、返事も寄越さない、失礼な国だとお叱りを受けたこともあった。
官を入れると、スムーズに行くことも行かなくなる。日本政府の御威光など、何処にも通用しないのだから。

ところが詩人の聲の力は、これは驚くべき力を発するのだ。 先ず今回のように、スペシャル・ゲストで、ビザは、イラクから送られてきた。これには驚いた。在日イラク大使館は、40ドル、と言うのに、詩祭関係者からは、大使館は関係ない、ビザも必要ない、と幾度も言ってきた。
どういうことだろうか?
小生も取っておくべきかと思ったが、日本政府の言うことが、どんなものか試してみてもいいと思って、ほったらかして、山口に行き、第18回中原中也賞受賞式に行ってきた。
受賞詩人細田傳造は、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」が生んだ第1号の詩人だ。
気持ちの良い受賞式だった。細田傳造さんも嬉しそうだった。
相変わらず、笑いを生み出すリズム!これが詩集にも収録されているのだ。
耳が良いんだね、傳造さんは!
第2詩集『ぴーたーらびっと』(書肆山田刊)も、第1詩集『谷間の百合』よりも、良いのだから驚く!

本当の21世紀詩人、それも大型詩人の誕生だ!

詩集『谷間の百合』を読み切れない既成詩人や、賞味期限が切れた選考委員が、みんな詩集『谷間の百合』が、読み切れるかどうかで、炙り出されてきた。可笑しいね。
間もなく、家を出る。
バビロンで、聲を撃ち込めたら、大きく変わるだろう!
ネブカトネザール大王の威光は、幾らアメリカ軍に蹂躙されていても、大地の精は、あらゆる聲を吸い込むことだろう!
これは肉聲の詩人しかできないことではなかろうか!
持参する字の作品30点に、どんな反応を見せるだろうか?イラク国民は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/08

生け花作家中川幸夫 3月30日老衰のため死去。93歳。1988年、銀座の夢土画廊で開催された「源初展」で、参加した砂澤ビッキ・村井正誠・大沢昌助・中川幸夫が鬼籍に入り、残されたのは酒井忠康と天童大人だけ。寂しいね、酒井忠康さん!

 今朝の毎日・東京新聞の死亡欄に、中川幸夫さん、が掲載された。

間違いなく、3月30日に老衰で亡くなられた。

誰がどう語るのか、中川幸夫を!

う~ん、想い出して、想い出して深く、噛みしめ直さないと、大事な物が失われてしまう。

1987年から十数年の間の「字歴書展」。

色々な知恵を授けて下さった。

正に、口伝!

有難かったね。中川幸夫さんの言葉は!

血肉化して、活かさなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/19

俳人永田耕衣の会が神戸であった日、新幹線のホームで土方巽夫人で、舞踏家の元藤燁子さんと出逢った。永田さんの会に出たら引返して、吉岡実さんの葬儀に出ると言われた事を想い出した。なぜだろう?永田耕衣の会で舞踏家大野一雄が踊ったのだ!

 あの神戸での永田耕衣の会に行ったのは、大阪在住の友人に会えるからという事と、村井正誠(画家)・中川幸夫(いけ花作家)・那珂太郎(詩人)・酒井忠康(美術評論家)らで、銀座の画廊で開催し続いていた「もののふたちの字歴書」展に、俳人として、参加していただきたくて、御誘いに伺ったのだ。

 東京駅のホームで、舞踏家の元藤燁子さんに会い、永田さんの会が終わり次第、吉岡実さんの葬儀に出られると言うことだった。

今、『吉岡実全詩集』(筑摩書房刊 1996年3月25日初版第一刷発行)の年譜を見ると、6月1日、自宅で仮通夜。2日、巣鴨の医王山真性寺で、本通夜。3日、葬儀。町屋火葬場で荼毘に付された。とある。

だから神戸の会は6月2日か3日のどちらかだが、はっきり判らないのだ。

会では、舞踏家の大野一雄さんが踊られた。

大野さんが踊り始めたときから、一人の婦人が、大野さんの舞踏が終わるまで、笑い続けていたことが、奇異な感じがして、記憶に残っているのだ。

何処かにこの時永田耕衣さんと一緒に撮った写真が有る筈だ。

「興味は有るが、気力が衰えていて、もう少し待って頂きたい」との事だった。

これも昨夜、読んだ俳人永島靖子さんの散文集『秋のひかり』を読んで、記憶が蘇えって来たのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/27

字家天童大人個展は、無事に京橋のギャルリー東京ユマニテにて、始まりました。雨の中、お出かけ下さいまして、本当にありがとうございます!

 昼下がり、若い女の子に小父さんと声を掛けられたことから始まりました。

彼女の口から、私の古い知人が亡くなって居たことを知らされました。

驚愕の出来事でした。
 
その後、詩人の浜江順子、ワシオ・トシヒコ、中本道代、稲葉真弓、田中健太郎、安森ソノ子、杉原梨江子、イラストレーターの国井節、占星術師の山内将夫、版画家の中林忠良など懐かしい顔ぶれが揃いました。

 皆さん!本当に有難うございます。

またお時間が有れば、10月2日まで開催してますので、お出かけ下さい。

宜しく、お願致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/25

今日、27日から開催される「字家 天童大人個展」の搬入、飾り付けをギャルリー東京ユマニてのオーナー土倉有三氏の働きで、無事に飾り付けが終わった!是非、ご覧頂きたい!

 5年振りに開催される字家としての個展は、流石に草臥れた。しかし、飾り付けは、かっていけばな作家中川幸夫氏に会場構成をして頂いた経験が生きていて、思うような面白い会場構成が出来た。

 やはりマケットを作って、いく度とシュミレーションを行なったから、出来たのだ。

かっての17年間続いた字の仲間で、生きているのは、酒井忠康、実川暢宏、関敏、馬場駿吉・中川幸夫だけか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes | Poetry Voice Circuit | おすすめサイト | アニメ・コミック | アメリカ文学 アメリカ詩 | イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 | イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 | ウェブログ・ココログ関連 | オペラ・歌舞伎 | ギャンブル | クリスタル・スィンギングボール | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクロン・地震・台風 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | フランス詩・フランス文学 | ペット | マグマ 火山 休火山 噴火 | ラテンアメリカ文学・詩 | ロシア文学・ロシア詩 | 交通手段・鉄道・航空・船舶 | 人材・才能 | 企画画廊・貸し画廊 | 住まい・インテリア | 作家 | 内閣・官僚・国家公務員 | 写真 | 写真家 | 原子力発電所 | 原子力関係 | 国際詩祭 | 天気予報・気象情報 | 字家 | 学問・資格 | 宇宙・人工衛星・ミサイル | 展覧会 | 帽子・ファッション | 彫刻家 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学 | 新聞・月刊誌・週刊誌 | 方言 方言詩 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書家・書道家 | 書籍・雑誌 | 朗読 | 朗読会 | 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 | 海外 | 独裁者・亡命 | 現代詩 | 画家 | 神社・仏閣・宗教 | 精神世界 | 精神世界・癒し | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 美術館 | | 育児 | 自動車 | 芸能・アイドル | 薬・病院・医療・医者 | 詩・文学・翻訳 | 詩人 | 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 | 詩集 | 賞・選考委員 | 趣味 | 選挙・議員 | 霊界・神秘主義・霊能者 | 霊視・霊能力者 | 音楽 | 音楽家 | UPRISING 革命