カテゴリー「字家」の記事

2019/09/27

詩人・朗唱家・字家の天童大人 9月30日(月)午後7時から、第1839回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、97回目の参加。駒込の東京平和教会駒込チャペル(予約090-3696-7098)の宙に、聲を撃ち込む!


第1839回Projiet La Voix des Po?tes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人 97回目の聲。

 9月 30 日(月)
東京平和教会(JR駒込駅下車東口徒歩1分)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000 円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet la Voix des Po?tes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人、Projiet参加、97回目の聲。

中欧コソボで、9月13日~15日に、開催された第5回詩とワインのラホベック国際詩祭に、参加した帰途、46年振りに、トルコのボスポラス海峡の宙に撃ち込んだ聲を、駒込の宙に撃ち込む!


東京平和教会駒込チャペル(駒込)      
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-28-8 Tel 090-3696-7098(天童)  
入場料 予約 大人 2,500円 当日 大人 3,000円 学生 1500円(学生証呈示) 
ご予約 :北十字舎 Tel 090-3696-7098 Fax 03-6459-7647
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  URL:http://universalvoice.air-nifty.com/


協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ、匿名、西肇

略歴:天童大人(Tendo Taijin)     
1973年7月、スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の啓示」を受け、「聲ノ力」に開眼。
1983年5月、英文学者壽岳文章先生と出会い、88年、字展のパンフレットに「不思議な人物の随一」と書かれる。
1987年9月、来日中のケネディ・センターのジリアン・プール女史が、天童の聲を「UNIVERSAL VOICE」と命名。
1990年7月、ザルツブルグで、ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤのマスタークラスを受講。
2002年3月、イタリア・ヴェローナ文藝家協会主催<春の詩祭-ロベルト・サネージ頌ー>に招待され、アレーナ・デ・ヴェローナ(野外闘技場)で、日本人唯一の単独公演「聲ノ奉納 UNIVERSAL VOICE」を挙行。
2006年10月14日から、肉聲の復権を求めた アートパフォーマンスProjet La Voix des Po?tes(詩人の聲)を先達詩人白石かずこの聲から、創設。20119年8月末で、1814回をプロデュースし、現在も継続中。
2013年5月、第2回バビロン国際・文化芸術祭(イラク)で、字の個展開催と国際詩祭とに、招待参加。
2014年9月、第1回テヘラン・アバダン国際詩祭(イラン)に、招待参加。
2015年9月、「詩人の聲叢書」を響文社から創刊。編集長。既刊、7冊。
2017年9月、韓・中・日 東アジア三か国、国際詩祭(韓国、ソウル・平昌)に、招待参加。
2018年1月、国際詩人サミット2018.ダッカ(バングラデュシユ)、に招待され、KATHAK文学賞受賞。6月、第13回ブエノスアイレス国際詩祭に招待され、国際交流基金の助成で参加。7月、「VΘEME」を創立。「現代の詩とコトバを聴くVΘEME」を、FM調布から神泉薫と共に進行を務めた。
2019年7月、コソボでホームページhttp://www.fekt.org/tendo-taijin/が制作される。9月、第5回詩とワイン国際詩祭(コソボ)に招待参加。トルコ、ボスポラス海峡の宙に聲を撃ち込む。


所属:日本ペンクラブ・日本文藝家協会・国際詩アフリカ協会(セネガル)、各会員。

| | コメント (0)

2019/08/11

詩人・朗唱家・字家の天童大人 9月6日(金)午後7時から、第1818回Projiet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、96回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、聲を撃ち込む!

第1818回Projiet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人 Projet参加、96回目の聲。
開催日:9月6日(金)
場所:ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500 学生1500円(学生証提示)
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/ )
肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人、Projet参加、96回目の聲。
6月3日、対馬・和多都美神社での聲ノ奉納。30周年記念公演を無事に挙行し、その後、高千穂神社、日向の大御神社での聲ノ奉納を挙行して、聲ノ力を確かめえた。
コソボの詩人からの連絡から、http://www.fekt.org/tendo-taijin/がコソボで制作されたのが縁で、9月13~15日、コソボで開催される第5回ワインと詩の国際詩祭に招待され、参加する。
その1週間前のこの聲で、聲の調子を確認する。
さてどんな聲を撃ち込めるのか?
乞う、ご期待!
協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ、西肇、匿名
予約
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp https://g-tokyohumanite.com/
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  URL・http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0)

2019/02/11

詩人・朗唱家・字家の天童大人、3月15日(金)午後7時から、第1757回Projiet La Voix des Poètes(詩人の聲)に94回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、聲を撃ち込む!                

第1757回Projiet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人、Projet参加、94回目の聲!
3月15日(金)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家天童大人、Projet,参加94回目の聲。

昨年6月、アルゼンチンで開催された「第13回ブエノスアイレス国際詩祭」に、国際交流基金の助成で、参加し、95歳のウルグアイの詩人Ida Vitaleの聲に出会い、大きな刺激を得られたことは、天童大人にとって大きな収穫であった。
6年前のイラク・バビロン国際詩祭、5年前のイラン・アバダン国際詩祭に招待され、普通では入国できない国々を、自分の眼で見、肌で感じ、聲を撃ち込んできたことが、天童大人の聲歴の中で、大きな意味を持っている。
今年、6月3日、対馬、和多都美神社で開催される「天童大人聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社 30周年記念公演」は、大きな区切りとしての肉聲の聲ノ力を、どれほど刻み込めるかのかと問われている。
その前哨戦として、どう京橋の宙に撃ち込めるのか?
こうご期待!
協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ、匿名、西肇

予約・お問い合わせは
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp https://g-tokyohumanite.com/

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  URL・http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

詩人・朗唱家・字家天童大人 12月7日(金)午後7時から、第1726回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、92回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、聲を撃ち込む!

第1726回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家天童大人 Projet参加、92回目の聲。
12月7日(金)
場所:ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場18時 30 分
料金:3000円 予約2500 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家天童大人、Projet参加、92回目の参加。

今年の天童大人の聲は、1月末の国際詩人サミット・ダッカ 2018(バングラデュシュ)で、詩の世界に貢献したとKATHK文学賞を受賞。、
5月15日、第29回「天童大人 聲ノ奉納 in 和多都美神社」、17日、初めて神の島、沖縄・久高島の見えない壁を破り、禁制の地に聲を撃ち込み、聲ノ道を拓くことが出来ました。
6月初旬、アルゼンチンの第13回ブエノスアイレス国際詩祭に、国際交流基金の助成を得て、初めて95歳のウルガイの女性詩人Ida Vitaleの聲と出会い、世界の広さ、肉聲の奥深さを知りました。
聲の世界は、これからです。
来年、2019年の対馬の聲ノ奉納 in 和多都美神社は、30年目の節目を迎えます!
今年最後の天童大人の聲!是非、一度、生でお聴きください。

予約・お問い合わせは

*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.com/

予約お問い合わせは
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com   URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

わたしの聲について教示してくれた三人の恩人。まずお一人目は、ダンテの『神曲』、全編を翻訳された英文学者、壽岳文章先生。

わたしの聲について教示してくれた三人の方。まずお一人目は英文学者の壽岳文章先生。
文化出版局の季刊「銀花」の細井富貴子編集長から、新たに刊行する別冊、季刊「手紙」に誘われ、創刊号から編集を手伝い始めた。
1983年5月。最初に、わたしは壽岳文章先生に原稿を電話で依頼した。
そのとき、「もしかしたら北十字(キグヌス)」の天童さん?」と問われ、そうですと答えると、やはりそうですか、お受けしますよと言ってくださった。シアトルの桜祭り実行委員会からの招待の朗唱公演を終え、帰国後、日向市に伺った。
そこで「あなたは聲のことを言われているが、ここであなたの聲を聴かせてもらいたい」と壽岳先生の所望で、5分ほど、聲を撃ち込んだ。
すると、「わたしは戦前、帝国劇場でシャリアピンの聲を聴いたことがある。あなたの聲は、東洋の香りがする。日本の文化の象徴である三輪山の頂きで聲を出してみなさい」と言われた。
そして、空海の『聲字実相儀』を知っていますか?聲がすべてだと空海は言っていますよ。どんな生まれで、どんな修行をしたのかは聲を聴けば分かる、と言っていますよ。この空海のことばを壽岳文章先生から聞けたことは、わたしへの教示であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/14

詩人・朗唱家・字家の天童大人 11月11日(土)午後5時から、第1588回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、81回目の参加。自由ケ丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、聲を撃ち込む!    

第1588回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人・朗唱家・字家の天童大人 Projet参加、81回目の聲。
11月11日(土)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:17 時 00 分
開場:16 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

肉聲に拘り続けてきて、半世紀余り。未だに聲の真髄には至っていないことに、忸怩たる思いだ。
もっと聲を撃ち込んで行きたい、との思いから、声帯を維持するためにも、聲を撃ち込んで行く。
是非、お聴きください。

予約・お問い合わせは
Cache-cache d`Art(自由ガ丘)          
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
松本匡史/北十字舎(10月1日に、移転しました。) 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

詩人・朗唱家・字家の天童大人 4月7日(金)午後7時から、第1513回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、75回目の参加!駒込の東京平和教会(予約090-3696-7098天童)の宙に聲を撃ち込む!                

第1513回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人 Projet、参加75回目の聲
4月7日(金)
東京平和教会(JR駒込駅東口下車徒歩1分)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を求めた天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

1ヵ月、聲を撃ち込まないと、何かおかしいのだ。
何だろう?この感覚は?
聲を撃つことを自然に出来るようになりたいと願っているのだが。
どんな聲を撃ち込めるのか?
乞うご期待!

*東京平和教会(駒込) 
〒170-0003 豊島区駒込1-28-8 2F 
JR駒込駅東口駅下車徒歩1分
Tel:090-3696-7098(天童)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/12

詩人・朗唱家・字家の天童大人 4月13日(月)午後7時から、第1240回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、52回目の参加!神田のNPO法人東京自由大学の宙に、聲を撃ち込む!

第1240回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人・朗唱家・字家の天童大人 52回目の参加!
4 月 13 日(月)
NPO法人東京自由大学(神田)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分

料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を求めて!天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

今回は、遂に、詩集『長編詩 ピコ・デ・ヨーロッパの雪』の完成目前。
これはProjetとしてー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-を推し進めてきて、9年半の時を経て、ー「耳のコトバ」から「目の言葉」へーと、テキストとしての詩集、「詩人の聲叢書」の刊行に踏み切ることにし、第1巻として、準備を始めています。
他の詩人にお頼みできないので、先ずは小生の詩集を制作して、土台といたしますので、ご期待ください。

予約・お問い合わせは
NPO法人東京自由大学(神田)      
〒101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2F
Tel 090-6497-5030(岡野)  
Tel 090-6181-0556(天童)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
Projetの日程を見るのは、URL:http://projetlavoixdespoetes.jimdo.com/ をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/09

字の仲間でもあるいけ花作家中川幸夫のドキュメンタリー映画「華 いのち 中川幸夫」が7日から、恵比寿の東京都写真美術館ホールで、始まりました。上映は、22日(日)までです。お見逃しの無いように!

ドキュメンタリー映画「華 いのち 中川幸夫」が7日から、恵比寿の東京都写真美術館ホールで、始まりました。8日、第二回上映後に、世田谷美術館館長で、美術評論家・字の仲間の酒井忠康氏の推薦で、ミニトークに出演してきました。
次回は14日(土)の2回目の上映後の14時35分から15時までです。
何を話すのか?まだ決めていません。このために「中川幸夫の箱」を開けて資料を読み込みました。
森山明子著『まっしぐらの花 中川幸夫』の年譜記載に、間違いが有るのに驚きました。
森山明子からは、1度も問い合わせを受けていないので、当然の事でしょう。
ギャラリーいそがやで開催していたグループ展の時にも、森山明子は見に来ては居ない、とオーナーの長尾喜和子女史に確認してみました。
思い込みだけで記載されては、大きな迷惑。
中川幸夫、存命中に刊行された第4冊目の作品集『魔の山』の年譜も同じように、確認しないで記載した間違いが有り、17年間続いた「字作品」のグループ展に参加された多くの作家たちにも、ご迷惑をかけするいる。
作品集の年譜の記載は、特に重要で、簡単には出来ない。
信頼できない年譜では、作品集に、瑕瑾を残すことになるのだ。

中川幸夫、が名が知られるようになってから、近づいてきて、著作物を刊行するとは、書き手の人間性が丸見えだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/16

今日、わが敬愛する英文学者壽岳文章先生が、1992年1月16日に亡くなられた。

今日、わが敬愛する英文学者壽岳文章先生が、1992年1月16日に亡くなられた。
1978年6月詩誌「北十字(CYGUNUS)」を創刊し、どんな評をされるか。未知の壽岳先生にお送りする。
すると「この風格を堅持するのはたいへんでしょうが、括目しております。」との励ましのお葉書をいただいた。
壽岳先生にお送りするのは、86年秋季号第16号まで、封筒に宛名は墨書で。83年4月雑誌「銀花」の名編集長細井富貴子女史から、新しい雑誌「手紙」を創刊するので、手伝ってもらいと、「手紙」編集部で仕事する。
その創刊準備号で、壽岳先生に原稿依頼の電話をする。
すると、テンドウさんて、もしかしたらキグヌスの、と仰り、一気に話が弾み、原稿が出来たら向日居に取りに来るようにと言われた。
それから大きな展開がある。
どれだけ色々とお話をしたことか。実際にお会いしたのは、原稿取りの1回のみと言うのにだ。
向日居の居間には、富本健吉、濱田庄司、河井寛次郎などの陶器が用いられていたのだ。
話が進んだとき、貴方の字は、なんといわれますか?
え! 「いい字ですよ」。
この一言で、字家(商標登録済)として、字を書くことが決まった。
慈雲さんが好きな壽岳先生に言われた一言が、励ましてくれた。
そして初めての字の個展のパンフレットに「不思議な人物の随一」と書かれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes Poetry Voice Circuit VΘEME おすすめサイト アニメ・コミック アメリカ文学 アメリカ詩 イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 ウェブログ・ココログ関連 オペラ・歌舞伎 ギャンブル クリスタル・スィンギングボール グルメ・クッキング ゲーム サイクロン・地震・台風 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ フランス詩・フランス文学 ペット マグマ 火山 休火山 噴火 ラテンアメリカ文学・詩 ロシア文学・ロシア詩 交通手段・鉄道・航空・船舶 人材・才能 企画画廊・貸し画廊 住まい・インテリア 作家 内閣・官僚・国家公務員 写真 写真家 原子力発電所 原子力関係 国際詩祭 天気予報・気象情報 字家 学問・資格 宇宙・人工衛星・ミサイル 展覧会 帽子・ファッション 彫刻家 心と体 思想・哲学 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学 新聞・月刊誌・週刊誌 方言 方言詩 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書家・書道家 書籍・雑誌 朗読 朗読会 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 海外 独裁者・亡命 現代詩 画家 神社・仏閣・宗教 精神世界 精神世界・癒し 経済・政治・国際 美容・コスメ 美術館 育児 自動車 芸能・アイドル 薬・病院・医療・医者 詩・文学・翻訳 詩人 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 詩集 賞・選考委員 趣味 選挙・議員 霊界・神秘主義・霊能者 霊視・霊能力者 音楽 音楽家 UPRISING 革命