カテゴリー「画家」の記事

2018/08/09

絵も描く詩人Shie 9月6日(木)午後7時から、第1686回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に6回目の参加。 京橋のギャルリー東京ユマニテBis(予約―03-3562-1305)の自作の絵の作品の前で聲を撃ち込む。

第1686回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)絵も描く詩人Shie、Projet参加、.6回目の聲。  
9月6日(木)
ギャルリー東京ユマニテBis(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、絵も描くShie Projet参加、6回目の聲。

今回の会場で、自分が描いた絵画作品の前で、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む初めての試み。
第一詩集『ペトリコール』の表紙の絵を見て、個展をしてみたいと言う詩人Shieの希望。
どんな聲が、自作の絵の前で、放たれるのか?
こうご期待!

ギャルリー東京ユマニテBis(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

北十字舎
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/21

このProjet参加最年少詩人Shie 7月5日(木)午後7時から、第1665回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、4回目の参加。 京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約Tel:03-3562-1305)の宙に、聲を撃ち込む!    

第1665回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) このProjet参加最年少詩人Shie Projet参加、4回目の聲。
7月5日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、参加詩人最年少の詩人Shie、4回目の参加。
前回の聲で、確実に聲が育ち始めていることを分からせたパフォーマンス行った詩人shie。
この4回目、場を替えて聲を撃ち込むことによって、体に場の感覚を記憶させて行く。
その積み重ねで、どんな場でも適応できるようになる。
その場の経験が、この国の詩人た日は、少なすぎるのだ。
さて今回、新たな場で、どんな聲を撃ち込めるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/06

対馬・和多都美神社 古代の「聲の道」発見への道

1990年6月23日、第1回、天童大人 即興朗唱 in 対馬・和多都美神社は、ニッカ・ウイスキー広報部長蕪木寿氏の企画協力を得て、当時、参加していた同人誌「ハリー」の詩人田中佐知その他1名と共に、行われた。この旅に、画家村井正誠さんに言われた通り、新しく買ったカメラを持参して、いろいろと試してみた。
この時のことを、田中佐知は、月刊「中洲通信」に書き、のちに『詩人の言魂』(思潮社)刊の中に、「福岡・対馬の旅Ⅰ・Ⅱ」として収録している。
この中に、「鳥居の近くで朗唱を聴いていた私は、蕪木さんのすすめで、鳥居から約二百メートル離れた神社の前で再びTさんの朗唱を聴いてみた。彼の声はそばで聴くよりはるかに柔らかく届く。それは彼の声が彼自身のだけの声でなく、まわりの山々の木々の精霊、海のいのち、地のみたま、風と光の精をたっぷり吸いこみ、やわらかな宇宙の球体となってやさしく耳に届くからであろう。万物のひとつに溶け合った声は、私に幻想的な声の記憶として残るだろう。和多都美神社には、海の鳥居から発せられる声を、しっかりとやわらかく聴き入れる、「声の道」があることを知ったのである。」と田中佐知が書き残しているように、この和多都美神社の海中の一の鳥居から、本宮までの約230メートルの間には、確かに「聲ノ道」があることを、聲を撃ち込んで発見したのだ。
この見えない「聲の道」の扉を開かなくては、聲は本宮まで、いや、本宮の裏に在る豊玉姫の墳墓、その奥に在る丘陵に撃ち込んで、木霊させ、浅茅湾一帯に響かせなくてはならない。
これは、ピーター・ブルック監督の映画「注目すべき人々との出会い」の冒頭シーンを想いださせた。(続)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/14

詩人 勝嶋啓太 5月23日(火)午後7時から、第1531回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、11回目の参加。移転後のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、初めて、聲を撃ち込む!

第1531回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人 勝嶋啓太 Projet参加、11回目の聲!
5月23日(火)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」-

Projet参加、10回の大台を超えた聲とは?
第1回から、詩人勝嶋啓太の聲を聴き続けていれば、どのくらい変わったかが直ぐに、分かる筈なのだ。
これが、2,3ヶ月に1回では。劇的な変化は感じられないかもしれない。
これからは新作を聲に乗せて行けば、作品の質まで、変わってくる。
どんな聲とコトバとが、新しい場で、どう聴けるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/31

12月にアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、贈られた詩書たちです。今後のProjetに役立たせていただきます。今冬に、有難う御座います。今後とも、Projetを、宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(102 )1201~1231

詩誌
天沢退二郎「EKE」Vol.50
熊野まさ子「未来」No,779
井崎外枝子「笛」275号
池田康「洪水」19号

詩集・句集・歌集
伊藤浩子『未知への逸脱のために』(思潮社)

その他
原田道子『詩の未来記』(土曜美術出版販売)
井上隆史『混沌と未来 三島由紀夫と日本、そして世界』(水声社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/01

10月にProjetにご寄贈くださった詩書たちです。今後のアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の活動に、有意義に、活かして行きます。今後とも、宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(100 )1001~1031

詩誌

仁田仁美「金星 1」創刊号
菅原みえ子「韻」vol.24
秋亜綺羅 季刊「ココア共和国」vol.20
鈴木東海子「櫻尺」41号
嵯峨恵子「space」130号
冨上芳秀「詩遊」No,52

詩集・句集・歌集

竹内美智代『詩と思想 詩人集2016 』(土曜美術社出版販売)
齋藤恵美子『空閑風景』(思潮社)
松田有子『サンドラなんだよ』(砂子屋書房)
松田有子『ギャズバー 風の丘』(思潮社)

その他

寺村日出男 川野美華作品集『いよいよはきい』(玲風書房)
真田友恵「わたし時手帖 2017」(KADOKAWA)
岡山典弘『三島由紀夫が愛した美女たち』(啓文社書房)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/09

富山市在住の詩人田中健太郎 8月18日(木)午後7時から、第1433回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、38回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562ー1305)の宙に、約10ヵ月振りの聲を撃ち込む!

第1433回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 富山市在住の詩人田中健太郎 Projet,38回目の参加
8月18日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人田中健太郎、約10ヶ月振りに、Projet参加、38回目の聲。
この4月から、仕事の関係から、富山に転居。
6月初旬、ブエノスアイレス国際詩祭の代表から、天童大人に来た招待を、対馬の聲ノ奉納のために断念。
その替わりProjet参加詩人の中から、詩人田中健太郎を推薦。
その結果、田中健太郎は、初の国際詩祭に参加することが出来た。
その経験が、今後、どのように、詩作に、影響を及ぼすのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
メトロ京橋駅⑥番出口下車 徒歩1分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史(Masahito Matsumoto)
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/01

5月の天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバとを聴く! アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の案内状です。       

 天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバとを聴く!
アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)
      ―肉聲の復権を求めて!「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
  
         2016年5月(第1396回~第1405回)
                  
東京を何時でも詩人の肉聲で詩が聴ける街にする,と同時に、詩人や作家の聲を育て、美しい母語の日本語を世界に響かせたい!
肉聲を聴ける機会がほとんどない今こそ、肉聲を鍛え、聲の力を復権させたいと、このProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)は2006年10月14日、日本の聲の先達詩人白石かずこの聲から口火を鑚り、2016年4月30日迄で、1395回の公演の全ての回をプロデュースし、参加した詩人・作家の聲を聴き続けて来ました。
参加詩人にとって、1時間余り、マイクも音楽もなく、ただ自分の書いた詩作品と真摯に向き合える貴重な時間です。
詩集の目の言葉を、耳のコトバへと、肉聲の復権を目指したProjetは10年を超えました。
耳から目の言葉へと自由に往還できる「詩人の聲叢書」を、昨年5月に創刊!第1巻は天童大人詩集『長編詩 ピコ・デ・ヨーロッパの雪』(響文社)定価1000円で販売。
目から耳、耳から目へと自在に往還する軽やかな一冊は、Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)の、未知なる表現の磁場として歩んでいます。
第3巻に、詩人竹内美智代の聲に乗せた鹿児島方言詩集を予定。
このProjetを協力して下さる会場は、5月現在、ギャルリー東京ユマニテ(京橋),Cache-cache d`Art(自由ヶ丘),東京平和教会(駒込),Unica Gallery(三宿),マミローズガーデン(西ヶ原)の5ヵ所。
肉聲の復権を求めた世界でも稀なこのアートパフォーマンスのProjetを、多くの方々に御喧伝して頂き、御自分の好きな詩人の肉聲と言葉とを探しに、またお出かけください。

4月から、公益財団法人 朝日新聞文化財団の助成を受けています。

協賛:(㈱)力の源カンパニー、(株)ザ・メッセージ、マミ・ドルチェ工房、橋本五郎文庫、株式会社日本抗酸化、
助成:公益財団法人 朝日新聞文化財団 

2016年5月 黄道吉日                     
UNIVERSAL VOICE® 天童大人
(Producteure&Directeure)

このアートパフォーマンスのProjetに参加希望の詩人、作家、画廊は、下記宛にお問い合わせください。
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau 
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tel:03--5982-1834, Fax:03-5982-1797
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
ブログはURL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、お贈り下さった詩書たちです。今後のProjetに、有意義に活用させていただきます、いただきます。有難うございました。今後も宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(94)0401~30

詩誌
奥成繁「gui」107号
冨上芳秀「詩遊」No,50

詩集・句集・歌集
田川紀久雄『蘇生』(漉林書房)
関中子『三月の扉』(思潮社)
鈴木昌子『庭舞台』(土曜美術出版販売)

その他
井崎外枝子「いしかわ文芸」25号
酒井忠康「世田谷美術館紀要」17号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/06

詩人川津望 5月11日(水)午後7時から、第1397回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、9回目の参加。久しぶりに、自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、どんな聲を撃ち込むのか? 

第1397回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人川津望 9回目の参加
5月11日(水)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分

料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人川津望、久し振りのProjet参加、9回目。
聲を撃たない期間に、どう詩作品が変わって、どんな聲を聴かせてくれるのか?
復活劇は、どんな幕を開けるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
*Cache-cache d’Art(自由ガ丘)          〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
 (カシューカシュダール)          
東急東横線自由が丘駅 南口下車徒歩4分
℡080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes | Poetry Voice Circuit | VΘEME | おすすめサイト | アニメ・コミック | アメリカ文学 アメリカ詩 | イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 | イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 | ウェブログ・ココログ関連 | オペラ・歌舞伎 | ギャンブル | クリスタル・スィンギングボール | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクロン・地震・台風 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | フランス詩・フランス文学 | ペット | マグマ 火山 休火山 噴火 | ラテンアメリカ文学・詩 | ロシア文学・ロシア詩 | 交通手段・鉄道・航空・船舶 | 人材・才能 | 企画画廊・貸し画廊 | 住まい・インテリア | 作家 | 内閣・官僚・国家公務員 | 写真 | 写真家 | 原子力発電所 | 原子力関係 | 国際詩祭 | 天気予報・気象情報 | 字家 | 学問・資格 | 宇宙・人工衛星・ミサイル | 展覧会 | 帽子・ファッション | 彫刻家 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学 | 新聞・月刊誌・週刊誌 | 方言 方言詩 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書家・書道家 | 書籍・雑誌 | 朗読 | 朗読会 | 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 | 海外 | 独裁者・亡命 | 現代詩 | 画家 | 神社・仏閣・宗教 | 精神世界 | 精神世界・癒し | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 美術館 | | 育児 | 自動車 | 芸能・アイドル | 薬・病院・医療・医者 | 詩・文学・翻訳 | 詩人 | 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 | 詩集 | 賞・選考委員 | 趣味 | 選挙・議員 | 霊界・神秘主義・霊能者 | 霊視・霊能力者 | 音楽 | 音楽家 | UPRISING 革命