カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2018/08/12

中原中也賞詩人神泉薫  9月11日(火)午後7時から、第1688回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、61回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、いけばな作家中川幸夫の世界が撃ち込まれる。こうご期待!

第1688回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)中原中也賞詩人神泉薫 Projet参加、61回目の聲。
9月11日(火)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人神泉薫、Projiet参加、61回目の聲。
昨年は調布FMで、初のパーソナリティに挑戦。
その経験を活かし7月から、天童大人と毎週水曜日21:30~21:45,
「VΘEME!現代の詩とコトバを聴くVΘEME」を始めた。
7月はゴットン節の歌い手で、詩人の友理。
8月は、85歳の詩人禿慶子。
9月は、先達詩人菊田守。
10月は鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代を予定している。

これからの進む道が、どの方向に行くのか楽しみだ。
いけばな作家中川幸夫の作品からインスパイアされた詩作品を聲に乗せる最後の機会になるかもしれない。
是非、鬼才、いけばな作家中川幸夫の世界をコトバで切り拓く詩人神泉薫の詩に、耳を傾けて見てください。

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

北十字舎
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/09

絵も描く詩人Shie 9月6日(木)午後7時から、第1686回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に6回目の参加。 京橋のギャルリー東京ユマニテBis(予約―03-3562-1305)の自作の絵の作品の前で聲を撃ち込む。

第1686回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)絵も描く詩人Shie、Projet参加、.6回目の聲。  
9月6日(木)
ギャルリー東京ユマニテBis(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、絵も描くShie Projet参加、6回目の聲。

今回の会場で、自分が描いた絵画作品の前で、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む初めての試み。
第一詩集『ペトリコール』の表紙の絵を見て、個展をしてみたいと言う詩人Shieの希望。
どんな聲が、自作の絵の前で、放たれるのか?
こうご期待!

ギャルリー東京ユマニテBis(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

北十字舎
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

7月に、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、ご寄贈くださった詩書たちです。今後のProjetの活動に、活用させていただきます。今後とも、宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(121)0701~0731

詩誌
池田康「みらいらん」2号
原利代子「花」72号
冨上芳秀「詩游」No.59
嵩文彦「麓」Vol.1 No.4 2018 7
神泉薫「something27」(書肆侃侃房)

詩集・句集・歌集・
高橋睦郎『つい昨日のこと』(思潮社)
麻生直子『瑞境の海』(思潮社)
原利代子『眼と星とFEMALEと』(野火の会)
鹿又夏実『リフレイン』(モノクローム・プロジェクト)
池田康『エチュード 四肆舞』(洪水企画)

その他
権田純一『光明真言聖典』(玉峰山實松院)
権田純一『妙法蓮華経如来神通力』(総本山 金峯山寺版)
権田純一『妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五』(真言宗玉峰山實松院 院主 高嶋崇圓)
北原千代『須賀敦子さんに贈る花束』(思潮社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/31

8月 ご案内 天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバを聴く! アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人聲)  -肉聲の復権を求めて!-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ- 8月(第1676回~第1685回)の案内状です。 

8月 ご案内 天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバを聴く!

アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人聲))
        -肉聲の復権を求めて!-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
   
       8月(第1676回~第1685回) 
 肉聲の復権を目指したこのProjetは、東京を何時でも詩人の肉聲で詩が聴ける街にと同時に、美しい母語の日本語を世界に響かせる為、詩人や作家の聲を育てたい!
肉聲を聴ける機会がほとんどない今こそこのアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)が必要だと2006年10月13日、日本の聲の先達詩人白石かずこの聲から口火を鑚り、2018年7月24日迄で、1673回の公演の全回をプロデュースしました。
詩集の目の言葉を耳のコトバへ!参加詩人にとって、1時間余り、マイクも音楽もなく、ただ自分の書いた詩作品と真摯に向き合え,自己を鍛える世界に類の無い試みです。
耳から目の言葉へと自由に往還できる「詩人の聲叢書」(響文社)を、2015年5月、第1巻、天童大人詩集『長編詩 ピコ・デ・ヨーロッパの雪』で、創刊。昨年、第5巻まで刊行。
今年度の刊行は、高橋睦郎、天沢退二郎、禿慶子、菊田守、稲葉真弓を予定しています。
目から耳へ、耳から目へと自在に往還する軽やかな一冊は、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の、未知なる表現の磁場として歩んで行きます。
7月4日から、毎週、水曜日、21時30分から15分間、インターネットでも全国から聴ける調布FMから「VΘEME!現代の詩の聲とコトバを聴くVΘEME」の放送を始めました。
今後、現代の詩とコトバとを世界中に発信すると同時に、後世に残していきます。
今月は85歳の詩人禿慶子の聲とコトバです。「VΘEME」は商標登録出願中。
8月のProjetに協力して下さる会場は、ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Cache-cache d`Art(自由が丘)、マリーン(銀座)、の3か所です。
肉聲の復権を求めたこのアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)で、好きな詩人の肉聲と言葉とを探して、多くの方々に御喧伝してください。
また是非、ご参加ください。(Wikipediaで、「詩人の聲」を、検索して見てください。)

協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ、匿名、西肇

2018年8月 黄道吉日 

Producteure&Directeure 天童大人

このProjetに参加希望の方は、下記宛に、ご遠慮なく、お問い合わせください。
北十字舎 〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/18

詩人長谷川忍 8月28日(火)午後7時から、第1685回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、Projet参加、63回目の聲を自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、自作詩を聲に乗せ、宙に撃ち込む!

第1685回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人長谷川忍 Projet参加、63回目の聲。
8月28日(火)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人長谷川忍 Projet参加、63回目の聲。
毎月、新作を二編書き続けている詩人長谷川忍。
書けるときに書いて、聲に乗せ、手を入れて仕上げて行く。
もう二冊分の詩集が出来る無聊の作品を持つ詩人長谷川忍。
今回の新作のテーマは何か?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d`Art(自由が丘)         
〒158-0083世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線・自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人葉山美玖 8月30日(木)午後7時から、第1684回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に5回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、聲を撃ち込む。 

第1684回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人葉山美玖 Projet参加、5回目の聲
8月30日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人葉山美玖 Projet参加、5回目の聲。
Projetに参加して最初の関門、5回目に到達した詩人葉山美玖。
個人誌を刊行して、書いては聲に乗せて撃ち込むリズムが、出来てくれば、より楽に表現できる筈だ。
さて今回は、どんな聲を聴かせてくれるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/13

85歳の詩人禿慶子 8月2 日(木)午後7時から、第1676回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、58回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、聲を撃ち込む!

第1676回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 85歳の詩人禿慶子 Projet参加、58回目の聲。
8月2 日(木)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、85歳の詩人禿慶子、Projet参加、58回目の聲。
このProjet参加詩人の女性詩人では、最年長の詩人禿慶子。
しかし、日本では知られていないがウルグアイの女性詩人イダ・ヴィターレは95歳。
イダの朗読の音源を持ち帰ってきたので、早速、85歳の禿慶子に聴かせた。
日本の詩人で90代で聲を撃ち込めるのは平林敏彦しか思いつかない。
聲う撃つすべての女性詩人の目標は、Ida Vitaleか!
まだまだ10年余り、若い禿慶子には、これからも活躍していただきたい。
8月に「VΘEME!現代の詩の聲とコトバを聴くVΘEME」に、出演が決まっている。
今回どんな聲とコトバを聴けるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ
Cache-cache d`Art(自由が丘)         
〒158-0083世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線・自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

7月4日から、調布FMで、毎週、水曜日21:30~21:45「VΘEME!現代の詩の聲とコトバを聴くVΘEME」が、福岡県飯塚市出、現、名古屋市在住の詩人、日本で唯一のゴットン節の歌い手、友理の聲から、VΘEMEが口火を鑽りました。


7月4日から、調布FMで、毎週、水曜日21:30~21:45「VΘEME!現代の詩の聲とコトバを聴くVΘEME」が、
福岡県飯塚市出、現、名古屋市在住の詩人、日本で唯一のゴットン節の歌い手、友理の聲から、VΘEMEが口火を鑽りました。
No.1/友理/Yuuri 2018.7.4 調布FM 83.3MHz
11日、18日25日と友理の聲とコトバが続きます。
ご期待ください!

調布FM 83.8MHz「VΘEME! 現代の詩の聲とコトバを聴く VΘEME!」 No.1 出演 友理/Yuuri 友理のゴットン節(一部) 詩「象をさがして」(書き下ろし) ★Facebook:https://www.facebook.com/yuri.shibata.144 ★Blog :http://yu...

youtube.com
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

6月にアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、ご寄贈くださった詩書たちです。今後の活動に、活かしてまいります。今後とも宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(120)0601~0630

詩誌

嵩文彦「ROKU」創刊第3号 2018 5
原利代子「AA」(心の詩の会)(朝日テレビカルチャー)
鈴木東海子「櫻尺」41号
葉山美玖「composition」vol.2
原詩夏至「コールサック」94号

詩集・句集・歌集・評論・エセイ

原利代子『永遠の食卓』(砂子屋書房)
IDA VITALE『GARDEN of SILICA』(SALT LONDON)
Graciela Araoz『EL protegido des ciervo』(Ediciones Ultimo Reino Buenos Aires)
Garacila Araoz『DIABLA』(EDICIONES ULTIMO REINO)
Cecilia Quilez『CALIGRAFIA DE LA NECESIDAD』(Bartleby Editores)
Hermenegilde Chiasson『Inviernos』(Biblioteca y Archivos Canada)
Edda Sartori『Los olintos』(Ediciones El Mono Armado Buenos Aires)
WANG YIN『LUZDECAL VIVA 灰光灯』(Catalogos)
Enriqe Solinas『La manera en que el tiempo se va』(Editional Imaginante/Metaforologia)
MARIANO ROLANDO ANDRADE『Canciones de los Mares del Sur』(buenosaores poetry)
CAROLINA ZAMUDIO『Rituels du hasard』(Edition Villa-Cisneros)
CRISTIAN KALEVICH『RECORDIS』
ROBERTO ROMEO DI VITA『HOMENAJE DE AMOR』(Cultura en Movimiento)
中尾彰秀『五行聖地』(森羅通信の会出版部)

その他

寺村  山本周五郎『女は同じ物語』(角川春樹事務所)
TAKAMOVSKY『SONIC COUNTERPOINT』
DIC川村記念美術館『ライリー』


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/25

壷井繁治賞受賞詩人勝嶋啓太、 7月19日(木)午後7時から、第1670回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、18回目参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、聲を撃ち込む!

アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人勝嶋啓太 Projet参加、18回目の聲。
7月19日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、今年度、第46回壷井繁治賞受賞詩人勝嶋啓太、Projet参加、18回目の聲。

詩集『今夜はいつもより星が多いみたいだ』で、壷井繁治賞を受賞したが、もういつでも刊行できる詩編が詩人勝嶋啓太には、揃っているのだ。
もう既に18回目の参加になる肉聲の復権を目指したこのProjetに参加しているのは、聲を出す魅力に取りつかれたのか?
勝嶋啓太の作品は、耳で聴いても楽しいのだ。
さて今回は、どんな作品を聲に乗せるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧