カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2013/09/14

「日本と言う国は、不思議な国で、自分の国のいいものを惜しげもなく捨てて、わるいものばかり取り入れて行くのを国是としているようだ。国民全体が何でも簡便なことばかり喜んで、骨を折ることを嫌っている。と作家小島政二郎は、1977年刊の『味見手帖』に書いている。

「日本と言う国は、不思議な国で、自分の国のいいものを惜しげもなく捨てて、わるいものばかり取り入れて行くのを国是としているようだ。国民全体が何でも簡便なことばかり喜んで、骨を折ることを嫌っている。芸になっていない芸人ばかりが跋扈しているのなど、その第一の例であろう。それを、みんなが喜んで迎えているのだから呆れる外はない。そのために、落語も、講談も、浪花節も、漫才も、聞くに堪えるものは一人もいなくなってしまった。その結果、「うまい」と云うものが全部亡びてしまった。鶏も、豚も、牛肉も、みんな「うまく」なくなった。「うまいもの」は、途方もなく高いものなっえ、私たちの口に入らなくなった」この文章は、作家小島政次郎著『味見手帖』(KK・ロングセラーズ 1977年刊)。

今から36年前に、既に多くのモノが亡んでいる。安藤鶴夫のような評論家が居ないのも、書きたい人物が居ないと言う事だ。今のテレビなど、ほとんど垂れ流しで、東京オリンピック、を刷り込んでいるが、何処まで刷り込めるか?興味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/29

以前住んでいた下目黒5丁目で、お米屋さんを経営していた高柳良三さんが、『飼って楽しいカブトエビ』(おこめ文庫℡&Fax03-3712-7025)を、刊行した(定価600円税抜き)。カブトエビの乾燥卵とエサが付録。この夏休みにカブトエビを育ててみよう!

 カブトエビ!懐かし言葉だ。下目黒5丁目のバス停の先、東急バス営業所の一角に在ったお米屋さんで、愛米本舗と言い、店頭に置かれた水槽の中に、カブトエビを育てていたのを、良く見に立ち寄って見ていた。

今は、目黒区中央町1-3-8 愛米本舗株式会社内 おこめ文庫(℡&Fax03-3712-7025)で、お米屋さんと御二ギロ

熱心なのだ!カブトエビに。

今回息子さんと共に『飼って楽しいカブトエビ』(おこめ文庫刊)、お付録には、乾燥した卵とエサが付いている。

これを2リットルのペットボトルに入れて飼うそうだ。

家庭で、飼うことも出来る。

この夏、お子さんだけでは無く、家庭で試してみたら良いのだ。

面白いぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/17

本当に美味しい塩は、「海水の素」を含めて、僅かしない。カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの入った無添加の天日塩。満潮時の海水を汲み上げ、陶板の上での天日干し。この塩の味が分かる者が、少ないのが嘆かわしい!1972年、日本の塩田が全て壊されてから、塩の味が分からなくなった日本人が多い!全く、海洋国家・日本が情けないね!ミネラルの不足した子供は、良く直に舐める、美味しいからだ!

 この「海水の素」を日本人の健康を考えて、東京で、扱い始めたのは、私が一番早いというか古いのだ。

その頃、「海水の素」を、使い始めた大手の或る外食産業があったが、関東で販売したのは、私が最初だという。

この「海水の素」を扱って、もう13年以上になる筈だ。

これは、舐めて見ないとこの天日塩「海水の素」の良さは、分からない。

世界でも3本の音のなかに指に入る美味しい天日干しの海水塩だ。

中国・福建省の始皇帝の時代からの製法で、天日干しでの海水塩。

一度使われてみたら、如何に良い天然塩かお分りになる。

雅子妃殿下のアトピーも、この海水の素を用いて、御風呂に用いて、多大の効果が有ったと言われている。

お試しください!

1キロ1680円 2,2キロ3150円

10キロ以上は、送料サービス。


ご注文・問い合わせは、下記まで。(年中無休)

北十字舎まで。℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797

E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

福岡・博多ラーメンの老舗、一風堂が香港の九龍尖沙咀廣東道30號 Silvercord 210(℡852 2957 8893)に、IPPUDO HK をこの18日、11:30分に、グランドオープンすることが分かった!

 河原成美社長が陣頭指揮でのオープン準備!

6月対馬での「聲ノ奉納」からの帰途、福岡で一年振りに、河原社長と夜、逢ったが、香港進出の話は出ていなかっただけに、驚いた。
10日に電話した時も、香港に居るとの事だったが。

昨年の6月に、香港に進出する話は、微かに聞いたのだが!

あの一風堂のメニューの赤丸、白丸が香港で、どう評価されるのか、とても興味がある!

全く香港に土地カンが無いので、在住のY・K女史に、食べて来て欲しいと、御願いメールを送ったところだ!

さて結果は、如何に?乞うご期待だぞ!

河原成美社長!頑張れ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/19

明日の昼には、福岡の吉冨寿しで、3ヵ月ぶりに美味しいお寿しを食べれる事は、嬉しい事だ!この22年、ほとんど店の佇まいは変わらない!

 初めてcmhの高山女史から教わり、訪ねた。

普通のお寿司屋ならネタの看板が掛かって在り、ネタが目の前に在る筈なのに、何も無い。

壁に熊谷守一の版画が掛かって居るだけの簡素な、すっきりした佇まい。

「座られたままで」、との御主人の言葉で、端に座った。

醤油皿も無く、普通の寿司屋に有るべき当たり前のものは何も無い。

刷毛と塩とでの寿しなど初めてのこと。

親方の手さばきの綺麗な事!

お寿しそのものが美味しい事、満腹した。

私の前に、高橋睦郎、伊藤比呂美が食べに来ている筈だ。

その夜は、「南の朗唱」第1回目の夜。

今は亡き、詩人丸山豊氏を訪れてくださって、一度お遊びにお出で下さいと、まさに一期一会。

その後、カナダ・バンクーバ行きの機内で、亡くなったのでは。
「吉冨寿し」には、色々な国の塩を贈ったね。寿しの参考にと。

結局、今、北十字舎で取り扱っている「海水の素」が、一番良い塩と言うことで、使って頂いているのだ。

だから、明日行くのは、お得様回り、と言う訳だ!

今春、詩人の薦田愛も食べに訪れている。

間もなく至福の1時間余りがやって来る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/10

福岡の「リンドバーグ」を経営し、『中洲通信』の発行者でもあった藤堂和子ママのロイヤルボックスから、中洲通信三十周年記念 藤堂和子氏『親子三代ママ稼業』(河出書房新社刊)出版記念の案内状が届いたぞよ!10月5日 帝国ホテル孔雀の間!

発起人の名前を見て驚いたぞよ!見知った顔、麿赤児・稲葉真弓・ミズテツオ・高田宏・流政之の中に小生の名前も入って居るのだから。
知らない著名人を入れたら総数78名の発起人。
 この事は5月、対馬・聲ノ奉納の後に、立ち寄った時にも藤堂ママからは聞いて居なかったのだ。

 早速、中国から帰国したばかりの作家・詩人の稲葉真弓さんに電話をしてみた。

何処でどう人は繋がるのだろうか?だから生きて居るのは止められないぞよ!

しかし、当日、どんな人々が帝国ホテルに集まるのだろうか?

じゃんけんが滅法強い、藤堂和子ママ!誰と出会うのか、当日が楽しみだね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/08

今夜の「夢の扉」(TBSテレビ 午後6時30分)の北里八雲牧場の萬田久治牧場長の巡回型放牧の考え方に大賛成!!!!

 牛を放牧し牧草だけで育てる!良い考え方だね。

お産も人間が手を貸さない。

自然で良いね!

中味が分からない肥料で育てる事ほど恐ろしい事は無い。

里山放牧の会の会員がこの島国で増えると良いのだが!

ゴルフ場を止めて、里山放牧の会の会員が増えると良いね!

そして肉のランク付など不要!

もし肉を食べるなら、美味しい肉が食べたいものだね!

霜降りが美味しい時代、珍重された時代は、終わったのでは!

鶏肉の怖さはケージに入れられたまま、運動不足で肥料で育てられている鶏肉だが、揚げられた鶏肉は、食べなければ見分けが付かない。

分らない事が多すぎるね、今の世の中は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

アサヒビールの泉谷直木専務が、遂にアサヒビール社長に為ったぞよ!!!プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の100回、200回、300回,400回の節目節目にアサヒビールの商品を寄贈してくれたのは・・・

 今回、アサヒビールの社長に為った泉谷直木専務の心遣いだったのだぞよ!!!

それだけでは無いのだぞよ!!!

僅かな事とは言え、なかなか気配りは出来る物ではなのだぞよ!!!

ずっとアサヒビールのスパードライを初めとして、小生が飲み続けて来たのも彼の恩義に答えてなのだよ!

これからは益々、アサヒビルをd天空に舞うドラゴン軍団が背後からサポートするぞよ、泉谷直木伸社長よ!

対馬・和多都美神社に、限定の博多ビールを始め、何種類の新製品を奉納した事か!!!

全て奉納した製品は、目標指数を突破したぞよ!!!

これからのアサヒビールの躍進を刮目して、オレヨ!!!

アサヒビールはトヨタと違って、首脳陣の品質改善は無用のようだな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/27

西武有楽町店閉鎖! 今朝の毎日新聞の8面に「食品部門がないのがボディーブローになった」とそごう・西武の幹部がこう語り、閉鎖を余儀なくされてことに悔しさをにじませた。と書いているが、こんな幹部は即刻、クビにする事だ!!!

 今頃に為って、食品部門が無いから等と言い訳する事は無い。

分かって居たら、修正するべきなのだ!

さっさと!!

駅近くの立地条件を考えず、必要な物が何かを、銀座で歩いて居て、帰宅する間際に、買って帰る物は何かを、考えれば、直ぐに分かる筈だ。

何年前に為るだろうか?確か並列している阪急の地下に食品売り場が有り、良く覗いてみたものだ。

あのマリオンの跡に、何処が入るのか、入らないのか?

潰れる物は潰れる!

JALは一度、潰したらいいのだ!!!

未だホテル部門を切り離さない、放して居ないいないJALに公的資金を投入資格など、全く無いのだぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/10

今夕、新宿三越の横のカフェに入ろうとして、中が満員なのがわかったので、去ろう、としたら、テンドウさんと扉が開けられ、聲がかかった。見ると福岡・博多ラーメンの雄、一風堂の河原社長だった。

 アフリカに行く前に為ると、何故か突然、東京で博多ラーメン・一風堂の河原社長に出会うのだ。

前回は2001年のマダガスカルへ行く前、目黒駅で、到着した山手線の扉が開くと目の前に、河原社長が立っていた。
まあ本当に、偶然・いや必然的に河原氏には会うのだ。

今回は2月の末から、第4回アフリカ・ベナン・フランス語圏国際詩祭に、国際交流基金の助成を受けて、参加が決まっていた。

日曜日の新宿、午後5時半に、約束もしないで出会う!!!

余程、河原社長とは縁が有るようだぞ!!!


これは何だ!!!

今後が楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes Poetry Voice Circuit VΘEME おすすめサイト アニメ・コミック アメリカ文学 アメリカ詩 イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 ウェブログ・ココログ関連 オペラ・歌舞伎 ギャンブル クリスタル・スィンギングボール グルメ・クッキング ゲーム サイクロン・地震・台風 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ フランス詩・フランス文学 ペット マグマ 火山 休火山 噴火 ラテンアメリカ文学・詩 ロシア文学・ロシア詩 交通手段・鉄道・航空・船舶 人材・才能 企画画廊・貸し画廊 住まい・インテリア 作家 内閣・官僚・国家公務員 写真 写真家 原子力発電所 原子力関係 国際詩祭 天気予報・気象情報 字家 学問・資格 宇宙・人工衛星・ミサイル 展覧会 帽子・ファッション 彫刻家 心と体 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学 新聞・月刊誌・週刊誌 方言 方言詩 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書家・書道家 書籍・雑誌 朗読 朗読会 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 海外 独裁者・亡命 現代詩 画家 神社・仏閣・宗教 精神世界 精神世界・癒し 経済・政治・国際 美容・コスメ 美術館 育児 自動車 芸能・アイドル 薬・病院・医療・医者 詩・文学・翻訳 詩人 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 詩集 賞・選考委員 趣味 選挙・議員 霊界・神秘主義・霊能者 霊視・霊能力者 音楽 音楽家 UPRISING 革命