カテゴリー「ニュース」の記事

2017/06/19

鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代、7月28日(金)午後7時15分より、第1561回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、46回目の聲を、京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に撃ち込む!         

第1561回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代、Projet参加、46回目の聲!
7月28日(金)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 15 分
開場:19 時 00 分
料金:3000円 予約2700円 学生(学生証提示)

肉聲の復権を目指す天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
新刊詩集『聲にのせたことばたち 鹿児島の方言で』({詩人の聲叢書}第5巻)を、全篇、聲に乗せているのをテキストを見て聴き、見ないで竹内美智代の聲を頼りに聴いてみると、本当に分かったとは言えないが、鹿児島弁の波動が心地よく伝わってくる。
日本語の第二の言語としての方言を大切していかなくては為らない筈なのに、方言を使わせない動きが、地方に在るようだが、全く、逆行した動きではないのか。

是非、この機会に、詩人竹内美智代の鹿児島弁をお聴きください。

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)近くに移転しました。
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/15

詩人筏丸けいこ 7月25日(火)19:15から、第1558回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、47回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、聲を撃ち込む!

第1558回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人筏丸けいこ Projet,参加、47回目の聲
7月25日(火)
場所:ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 15 分
開場:19 時 00 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から、「耳のコトバ」へ-
詩人筏丸けいこ、Projet参加、47回目の聲に、新刊『人間ポンプ』は、乗るのか?
フラミンゴ社から刊行された新刊『人間ポンプ ひょいとでてきたカワリダマ 園部三郎の俺の場合は内臓だから』(1500円+税)は、初めて聴いた時、面白いので、1冊に纏めてみたらと言ったことが実現した。
本当に面白い1冊だ。
是非、一度手に取ってご覧ください。
また筏丸けいこの聲に乗ると、より面白いのだ。

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋、近くに移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/14

京都市在住のゴットン節の歌い手で、詩人友理 7月22日(土)午後7時から、第1557回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、新たな聲を撃ち込む!       

第1557回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 京都市在住のゴットン節の歌い手で、詩人友理、Projet参加、51回目の聲!
7月22日(土)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

6月22日の50回公演の後、縁あって、友理をクラッシックの歌い手のマスタークラスに連れて行った。
主宰者の堀内氏の好意で、二十数人のクラッシック歌手の前で、聲を撃ち込ませた。
その結果、ゴットン節をどうするのかの問題点が明らかになり、友理自身の問題点について自覚することが出来た。意識すると聲が委縮する。
そのマスタークラスに、イタリアの歌手が来て、指導するのを見て、多くの日本の歌い手の聲が伸びない指摘をしているのを見て、27年前、ザルツブルグのモーツァルトティームで、ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤのマスタークラスでの授業風景が蘇ってきた。
武者修行は、大切なこと。どれだけ友理が、ゴットン節が自分のものにできたのか?
こうご期待!
 
予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました) 〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/07

詩人長谷川忍 7月11日(火)午後7時から、第1552回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) に、52回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-33455-2111西端)の宙に、自作詩を撃ち込む!

第1552回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人長谷川忍 Projet参加、52回目の聲!
7月11日(火)
Cache-cache d‘Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人長谷川忍は、50回目から、詩風に変化が見られた。 
やはり50回の大台には、大きな力が潜んでいるのだろうか?
長谷川忍で、50回の大台に入ったのは、5人目。
さて今回は、どんな作品を、聴くことが出来るのだろうか?
もっと多くの人に聴いてもらう努力を忘れては、折角の聲と作品が、もったいない。
どうする、詩人長谷川忍は?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転し
ました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人・朗唱家・字家天童大人 7月5日(水)午後7時から、第1551回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、78回目の聲。三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に、聲を撃ち込む!          

第1551回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人・朗唱家・字家天童大人 Projet参加、78回目の聲。
7月5日(水)
Unica Gallery(三宿)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

5月26日に、第28回目の聲ノ奉納を挙行した対馬・和多都美神社で、参加した紫圭子・神泉薫と続いて撃ち込んだ聲を、聴いていた審神者の方が、聲の行方を追うと、真っ直ぐに伸びる聲と上に挙がる聲の二通りを見えたと言われる。
上に挙がる聲は、初めての事。
この挙がった聲の意味は、何か?
さてその聲を、三宿の宙に、撃ち込んで見るので、是非、ご参加ください。

予約・お問い合わせは
Unica Gallery(三宿)       
〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13佐々木ビル2F-D 
Tel&Fax03-3422-3049
東急バス:三宿下車、徒歩4分

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/01

6月の天童大人プロデュース詩人の肉聲とコトバとを聴く!肉聲の復権を求めたアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes (詩人の聲) ―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー6月(第1536回~第1549回)の日程表です。是非、ご参加ください。                

6月の天童大人プロデュース詩人の肉聲とコトバとを聴く! 
肉聲の復権を求めたアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes (詩人の聲)
―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー        

6月(第1536回~第1549回)

第1536回6月1日(木)Cache-cache d`Art(自由が丘)  天童大人(77)
第1537回6月2日(金)Cache-cache d`Art(自由が丘)  福田知子(40)
第1538回6月3日(土) 忘日舎(西荻窪)  筏丸けいこ(46)
第1543回6月10日(土))Cache-cache d`Art(自由が丘) 友理(50)
(この回の開場は、16:30 開演は、17:00 ですので、ご注意ください。)

第1539回6月12日(月)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 馬場駿吉(5)
第1540回6月13日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 熊野まさこ(4)
第1549回6月15日(木)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 竹内美智代(45 )
第1541回6月21日(水)Cache-cache d`Art(自由が丘) 長谷川忍(51)
第1542回6月22日(木)Cache-cache d`Art(自由が丘) 勝嶋啓太(12)
第1544回6月24日(土)Cache-cache d`Art(自由が丘) 禿慶子(45)
(この回の開場は16:30 開演17:00 ですので、ご注意ください。)

第1545回6月27日(火)Unica Gallery(三宿)  原 詩夏至(3)
第1546回6月28日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  紫圭子(45)
第1547回6月29日(木)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 菊田守(3)
第1548回6月30日(金)Cache-cache d`Art(自由が丘) 田中健太郎(44)

7月(第1550回~第1561回)

第1550回7月1日(土)Cache-cache d`Art(自由が丘)  秦ひろこ(31)
(この回は、開場は、16:30 開演17:00 ですので、ご注意ください。)

第1551回7月5日(水)Unica Gallery(三宿) 天童大人(78)
第1552回7月11日(火)Cache-cache d`Art(自由が丘) 長谷川忍(52)
第1553回7月12日(水)Cache-cache d`Art(自由が丘)  禿慶子(46)
第1554回7月15日(土)マリーン(銀座)   紫圭子(46)
(この回の開場は、13:30 開演は14:00ですので、ご注意ください。)

第1555回7月18日(月)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 天沢退二郎(33)
第1556回7月21日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 星善博(2)
第1557回7月22日(土)Cache-cache d`Art(自由が丘) 友理(51)
第1558回7月25日(火)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 筏丸けいこ(47)
(この回の開場は19:00 開演は19:15 ですので。ご注意ください。)

第1559回7月26日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 菊田守(4)
     (この回の開場は、19:00 開演は19:15 ですので、ご注意ください。)

第1560回7月27日(木)Cache-cache d`Art(自由が丘) 神泉薫(57)
第1561回7月28日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 竹内美智代(46)

(8月に続く)

*開場時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Cache-cache d`Art(自由が丘)、Unica Gallery(三宿), 
忘日舎(西荻窪),      開場18:30 開演:19:00        
入場料 予約:大人2,700円 当日:大人3,000 円 学割:1,500円 (学生証提示)

協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

*御予約は直接、各会場か北十字舎へ電話・FaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他 
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋) (移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

*Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

*Unica Gallery(三宿)       
〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13佐々木ビル2F-D 
Tel&Fax03-3422-3049
東急バス:三宿下車、徒歩4分

*マリーン(銀座)      
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-6
アスタープラザビル 2F
TEL : 03-3572-6565
東京メトロ銀座線 銀座駅から,A2出口から三愛前の地上へ、
中央通りを新橋方向へ向かい、銀座6丁目交差点を右折、
二つ目の十字路を左折、10m位先の左側 徒歩6~7分
 
東京メトロ日比谷線及び丸ノ内線から,B9出口からソニービル前の地上へ、外堀通りを新橋方向へ向かい、西銀座6丁目 交差点を左折、三つ目の十字路を右折、約20m左側徒歩5~6分

JR山手線 京浜東北線 東京メトロ銀座線 新橋駅から銀座口を出て外堀通りを有楽町方面へ、西源座6丁目交差点を右折、三つ目の十字路を右折、約20m左側 徒歩6~7分

*忘日舎(西荻窪)              
〒107- 0042 東京都杉並区西荻北3-4-2
Tel&Fax 03-3396- 8673
JR西荻窪駅徒歩3分。改札は1ヶ所、
北口を出てすぐ左側にある西友店をまっすぐ通り抜け、そのまま反対側出口をでて右斜め向い側になります。ラーメン屋さん、花屋さんの並びです。


*予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月に、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、御恵送下さった詩書達です。今後のProjetに、活用させていただきますので、今後とも、宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(107)0501~0531
詩誌
冨上芳秀「誌遊」No.54
香山雅代「Messier」49号
原詩夏至「まろにゑ」25号

詩集・句集・歌集
竹内美智代『聲にのせたことばたち -鹿児島の方言で』(「詩人の聲叢書第3巻」響文社)
細田傳造『かまきりすいこまれた』(思潮社)

その他
池田良二『池田良二アートワーク1975-2016静謐と精神の息吹』(武蔵野美術大学出版局)
筏丸けいこ『人間ポンプ ひょいとでてきたカワリダマ 園部志郎の俺の場合は内臓だから(フラミンゴ社』
近藤圭一「福永武彦、その文学の生成と発展」(科学研究費補助金プロジェクト)
     「年報 福永武彦の世界 第4号」
田中健太郎 エッセイ『旅ゆくヒトガタ』(「詩人の聲叢書第2巻」響文社)
古木修治「The 24th EU-Japan Fest Offcial report」(EU・ジャパンフェスト日本委員会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

詩人竹内美智代 6月15日(木)午後7時から、第1549回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、45回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、新詩集『聲にのせたことばたち-鹿児島の方言でー』刊行記念!全編を、聲に乗せる!

第1549回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 鹿児島弁を話せる詩人竹内美智代、Projet参加、45回目の聲。
6月15日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指して天童大人プロデュースー
「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

鹿児島弁詩集を「詩人の聲叢書」第3巻として、『聲にのせたことばたち -鹿児島の方言
でー』(響文社)定価(本体1,000円+税)が、刊行された。
表紙は、串木野港灯台、撮影は同級生の南竹力氏。
上段が鹿児島弁で、下段が共通語 と区分けされているので、竹内美智代の聲で、鹿児島弁を聴きながら、下段の共通語で確かめながら、鹿児島弁を楽しむ。方言を持てる者は、幸せなことだ。
しかし、今、方言を消し去ろうという動きもあるようだが、このアートパフォーマンスProjet La voix des Poètes(詩人の聲)では、出来るだけ、本源を聴いていただく試みを続けている。
照井良平のケセン語、友理の飯塚弁、など多士多彩な詩人たちがこのProjetには、参加されている。
さて今回、詩人竹内美智代の鹿児島弁を堪能しよう!
予約・お問い合わせ

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

聲を撃つ! 、聲を撃ち込む! とは、普通は言わないのだとか?

聲を撃つ! 、聲を撃ち込む! とは、普通は言わないのだとか?
何故だろうか?
聲は出すもの? 
わたしには聲は、撃ち込むものだと思っている。世界各地の聖地に撃ち込ん出来た聲は、いずれ、一つの点が、大きくなって行く時のことを考えている。
今、幸いに、肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)という聲を撃ち込む場が有るので、非常に楽に聲を撃ち込む事ができる。
それまでは、会場を借りて、自分でチケットを作り、集客もしながら聲を撃ち込み続けて来た。
名前が有るとか無いとかではなく、ともかく必死なって聲を撃ち込んできた。
先日も、都内で開催し続けているマスタークラスに主宰者のH氏に誘われて、参加し、聲を撃ち込んできた。
声楽家も聲を出す、という点では、共通項がある。
色々な聲を聴くことは、本当に学ぶことが多い。
有難い機会だ。
こんなチャンスを活かさない手は無い。2回ほど聲を撃ち込ませていただいた。本当にありがたい。

日本人の出す聲は、日本の聲なのだろうか?
英文学者壽岳文章先生に所望されて、ひと聲を向日市のご自宅の居間で、1983年5月、撃ち込んだ後、壽岳先生は、戦前に、帝国劇場で、シャリアピンの聲を聴いたが、貴方の聲は、オリエンントの香りがすると言われた。

1990年7月、ザルツブルグのモーツァルトティームで開催されたソプラノ歌手がリーナ・ヴィシネフスカヤのオーデションで、聲を撃ち込んだ後、貴方の聲は、オリエントだと言われた。

壽岳先生とガリーナに言われたオリエントの聲とは、何か?

わたしには謎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)が、終了後、5分から10分、参加詩人との質疑応答の時間を、第1523回の会から、設けましたので、お気軽に参加して、お尋ねください。

今まで、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)では、参加詩人が、一生懸命、自作詩を聲にのせることで、聲を鍛えてきた。
その役目を果たしつつ、参加してくださっている方々からの質門などを受け付けて来なかった。
しかし、飲めない方も多くいらして、二次会に参加できず、何故かを訊ねたくても訊ねれなかった方々のために、この5月、第1523回のから、聲を撃ち終わった後で、5分から、10分、質疑応答の時間を設けることにしましたので、気軽に、ご参加され、ご質問ください。
詩人も多くを学べる時間になりそうです。

参加詩人は、ご協力ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧