カテゴリー「ペット」の記事

2011/04/05

[オール電化生活]を推進していた東京電力は、節電を多くの人々に強制している今、何を考えているのか!本当に愚者の利権集団なのだ!

 オール電化のマンションで、停電になった時、どうするのだろう?と初めに話を聞いたときに思ったものだ。

どんな人々が東京電力の浅知恵に、引っかかるのかと思ったものだ。

どう考えてもオール電化の家やマンションなど、生活の主導権握られた感じがして、を気持ちの悪いものに感じたのだ!

あのテレビコマーシャルで、執拗に繰り返された「原子力発電は安全です」の文言に、本能的に、嘘を感じ取っていたからだ。
本当に安全ならばあれほど繰り返して言わないものだ!

だからもし原発で事故起こしたら、どんな対応をするのか、不謹慎だが楽しみにしていた。

3月11日、事故当時、読売新聞には、勝俣会長、清水社長共に、出張中と書かれていたが、これは読売の記者の手抜きで、勝俣は中国に大手メディアを連れて接待旅行中だったのだぞ。
何故、勝俣と書くかといえば、11年前ぐらいだったか、偽データ事件を引き起こした張本人だからだ。こんな手合いが未だに東電の会長に治まって居られることが、東電の体質をはっきり、知らしめていることだろう!

さて3週間が過ぎて、事故始末を自分の手で行いきれないものに、やっと気が付いたていたらくさだ!

炉心を冷やし続けるのが、何時までなのかもはっきりしない。

流れ出る濃厚度に汚染された水が、垂れ流しをしている。

この危うい母なる水の惑星を、我が物顔で、蹂躙してきた報いが遂に下ったのだ!

地元の人間たちだけではない。それを不本意でも受け入れてきた一人一人の責任は、重いのだ!

節電中の街は薄暗いが、無ければ無いで良いのだ!

まだドラゴン、4頭は待機中だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/19

昨夜、久し振りにポルトガル・ウォター犬のローランに会った。飼い主夫妻がバンコックに転勤になるので、お別れパーティーに行ったのだ!

 私の版画作品「黄道日」を買ってくれて居た事と、このオバマ大統領が飼っている犬と同種の為、世間ではオバマ犬と言うが、本当はポルトガル・ウォーター犬と言うのだとか。

左手の先だけが5センチ程白い毛だが、後は真っ黒と言うより、漆黒の毛並みで、獣の匂いはしない。

かって版画を持参した時に、頭をマッサージしてあげただけに、直ぐ思い出したらしく、足元に擦り寄って来た。

そこで珍しくポジティブな若い女の子に出逢い、是非、ドバイ辺りで新しい仕事を探してみたらと助言をした。

早速、香港のヘッドハンターに連絡を取る、とのこと。

人種的偏見も持たず、前向きな若い子に滅多に御目にかかれないのだが、この子のように、前に進む子が出て来ているのは、頼もしい事だ。

3年以内に、仕事が順調にいき、結婚もし、成功したら、プロジェクトに寄付してくれるとか!

彼女の成功を祈る事にしょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/30

生きたツシマヤマネコが数十年振りに対馬の下島で捕獲された事は、2010年に向けての吉兆の証だ!!!

  今年も対馬の環境省対馬野生生物保護センターに、聲ノ奉納が終わった翌日に訪れたが、エイズに罹ったツシマヤマネコが一匹蹲って居ただけだった。

 それでもツシマヤマネコはツシマヤマネコだ!

保護された雄のツシマヤマネコが元気に回復して、また自然に戻されたら、良い結果が産まれて来るだろう!

一匹が生きていれば、恐らく、確実に数匹の生存は間違い無い事。

喜ばしい事だが、対馬の道がほとんど舗装されて来ているから、住みづらい事は容易に想像がつく。

来年までは保護センターには居ないだろうが、生きた野性の対馬ヤマネコを見たいものだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

昨夜から衛星第二放送で「魔術師 マーリン」が始まった。可笑しいくらいに良く分かる・・・。今後の展開が楽しみだ!!!

 アーサー王を助ける事に為ると言う若き魔術師 マーリン。

城の地下には閉じ込められたドラゴン。これが東洋のドラゴンと違うのだ。

道具立ては全て整った。

今夜、また11時15分から再放映。

是非、御覧なされ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

六本木ヒルズのオバマ犬の名前は、ローラ。獣の匂いもしない、吠えないこのポルトガル・ウオーター犬なら、家で飼っても良いだろう!!!

 いや一夜経ってもあの六本木ヒルズのオバマ犬のロ-ラが、妙に懐かしい!

やたらと何処かの馬鹿犬のように吠えない、啼かないのだ。
かといってへんにべた付かない。

家の中で飼うのには良いのかもしれない。

ヒルズの近くの公演に行くと、珍しいらしいのか、尋ねて来ると言うのだ。

指圧をされた事ははじめてだとか!

おもがけずに片方だけホワイトソックスを穿いたオバマ犬、ローラ。

また指圧をねだられるかも????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

今日、六本木ヒルズに住むイギリス人の家で、オバマ大統領も飼い始めた、ボーチュギーズ(ポルトガル)・ウオーター犬に会ってきた。

 親しい友人に連れられて、六本木ヒルズに、自分の字の作品を持参して訪れた。

扉から出て来たのは黒い犬。右足にソックスを穿いたように右足の指先から5センチくらいが白いだけだ。

獣の匂いもしない不思議な犬だが利口なのは直ぐに分かった。

右、左とお手をねだる犬に指圧を施術したところ、大人しくなった。

時の作品は、もう一人の日系三世の夫人も選び、計6点が選び出された。

さて結果は如何なものか?

乞うご期待!!!

このポルトガル・ウオーター犬は、ロンドンからポルトガルまで買いに行ったのだとか。

また会えるかな、この黒い犬に!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

Niftyのココログに文章を書いて、発表しても掲載されない障害が19日から、起こっていて、原因を調べるのに数日かかる、と言う事だが、文章の検閲が、内部で行なわれているのではないのか!皆さん、ご注意下さい!!!

 掲載されない文章の内容は、小為替、50円を買うのに、100円の手数料を取るのを、民間会社で遣ったら、そんな会社は直ぐ潰れてしまう。
100円でも100円の手数料。
民営化以前は10円の手数料。
どうしてこんな矛盾が放置されたままに為っているのか?

 郵政公社 西川善文社長。

 是非、お答え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/19

何故、小為替、50円を買うのに、手数料が100円、計150円を払う。昨年の郵政民営化以後、10円の手数料が100円に為ったと言う。こんな馬鹿な話が有るなんって、信じられない!!!

 民間の会社で、50円の物を買うのに、150円を支払わないと買え無いと言うなら、その会社は早急に潰れるだろう!
郵政公社もこのままでは何れ崩壊に。

 西川善文社長に問い質す。

 こんな事が、今、現在も通用させているのは、何故なのか?
民営化以前に戻す事は考えられないのか、是非、答えて頂きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/29

各省の接待タクシー問題を見ても氷山の一角!一度、政権を替えてみよう!何が問題なのか、はっきり分るだろう!!!

 75歳以上の戦後の日本を支えられた皆さん!!!

 皆さんを虫けらの様にしか扱わない最低の政治家・小泉純一郎の構造改革の名目から脱する事を考えましょう!

 次回の総選挙には野党に是非、清き一票を投じ、政権を交代させてみましょう!
 野党が政権を掌握し、それが出来ても出来なくても、一度は政権を交代させてみましょう!!!
 もし、この国のおかしい事に気がついているなら、先ずは国民の議員を選ぶ権利と愚鈍な官僚の親方日の丸の無責任体質を駆逐する為にも、是非、ご自分の一票を野党に投じようでは有りませんか!!!

 次回の選挙には日本の真の未来がかかっています!
 今から、政権交代のビジョンを皆さん、自身のの心に焼きつけ、少しでも住みやすい、島国・日本を再生しょうでは有りませんか?

 余りのも可哀想な日本! 山の民である事を忘れ、ガソリンが無ければ、唯の粗大ゴミ作り続け世界一などと
馬鹿を言っている国から、自給率を高め、コツコツと真面目に働いている人間が、報われる国家を一人一人の意識で再建しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

ギャスパー・ウリエリ主演の映画「ハンニンバル・ライジング」を初めて観て、こんな映画だとは思わなかった・・・

 ハンニンバル・レクター博士の幼少期の精神状態が良く分る映画だったので、驚いた!!!

 妹が避難していた小屋に侵入してきた男たちに食べられていたのだ。

その妹の肉入のスープを、レクター自身も飲んでいた事を、復讐した相手の男から告げられてが知るのだ

 全て今、振り返れば、辻褄が合うのだ!

 それにしても主演のギャスパー・ウリエリが、とても良いのだ。この男には華が有る。

 アンソニー・ホプキンスが亡くなった後でも、レクター博士役が出来るのだ。

 これは注目の若手男優だ!!! 今迄、何故、気がつかなかったんだろう???

 他の作品も、是非、見てみよう、思わせる俳優だ!

 今後の活躍が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes Poetry Voice Circuit VΘEME おすすめサイト アニメ・コミック アメリカ文学 アメリカ詩 イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 ウェブログ・ココログ関連 オペラ・歌舞伎 ギャンブル クリスタル・スィンギングボール グルメ・クッキング ゲーム サイクロン・地震・台風 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ フランス詩・フランス文学 ペット マグマ 火山 休火山 噴火 ラテンアメリカ文学・詩 ロシア文学・ロシア詩 交通手段・鉄道・航空・船舶 人材・才能 企画画廊・貸し画廊 住まい・インテリア 作家 内閣・官僚・国家公務員 写真 写真家 原子力発電所 原子力関係 国際詩祭 天気予報・気象情報 字家 学問・資格 宇宙・人工衛星・ミサイル 展覧会 帽子・ファッション 彫刻家 心と体 思想・哲学 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学 新聞・月刊誌・週刊誌 方言 方言詩 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書家・書道家 書籍・雑誌 朗読 朗読会 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 海外 独裁者・亡命 現代詩 画家 神社・仏閣・宗教 精神世界 精神世界・癒し 経済・政治・国際 美容・コスメ 美術館 育児 自動車 芸能・アイドル 薬・病院・医療・医者 詩・文学・翻訳 詩人 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 詩集 賞・選考委員 趣味 選挙・議員 霊界・神秘主義・霊能者 霊視・霊能力者 音楽 音楽家 UPRISING 革命