カテゴリー「旅行・地域」の記事

2018/01/14

豊川市在住の詩人紫圭子 2月27日(火)午後7時から、第1619回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、49回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、初めて、詩集『豊玉姫』全編を聲に乗せて、撃ち込む!

第1619回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 豊川市在住の詩人紫圭子 Projet参加、49回目の聲。
2月27日(火)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスProjetに、豊川市在住の詩人紫圭子、Projet参加、49回目の聲!

昨年5月に、「詩人の聲叢書」第5巻として刊行した詩集『豊玉姫』全編を、自由が丘のCache-cache d`Artで、初めて、聲に乗せ、撃ち込む。
5月15日の第29回 天童大人 聲ノ奉納 in 和多都美神社に、7回目の参加予定。
詩集『豊玉姫』の裏表紙には、豊玉姫のご霊体が姿を現したのを捉えた写真が使われている。
さて、今回の紫圭子の聲から、何を伝えられるのか?
こうご期待!

協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

予約・お問い合わせは
Cache-cache d`Art(自由ガ丘)           〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/12

詩人・朗唱家・字家の天童大人 2月17日(土)午後2時から、第1616回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、84回目の参加。銀座のマリーン(予約03-3572-6565)の宙に、1月、ダッカのKATHAK LITERARY賞2018、の受賞記念の聲を撃ち込む!

第1616回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人 Projet参加、84回目の聲。
2月17日(土)
マリーン(銀座)
開演:14 時 00 分
開場:13 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスProjetに、詩人・朗唱家・字家の天童大人、84回目の聲!
1月30日、バングラディシュのダッカで開催されたダッカ 国際詩人サミット、2018で、2018年度のKATHAK LITERARY AWARDを受賞した記念の聲の会である。
この情報が行き交う世界では何処で、誰が見ているか分からないから、常に一生懸命行なわなくてはならない。
このことは、2000年の時に、パリのレストランで、行われたIves DANAレセプションに参加した時、目の前に座った紳士から、『キッキ・マニトウ』が自分にも欲しいと言われた。
そこからの話の展開は、驚く話だが、今は省く。
今回もFacebookで知っている詩人から、英訳詩作品を5編、写真、略歴をと言ってきたのがクリスマス・イブ。
翌日にダッカに来る気が有るかと問いに、了解すると、2018年度の受賞が決定した旨、伝えられた。
他には、英国・エジプト・チェニジア・メキシコ・コロンビア・台湾の詩人だという。誰が来るのだろうか?
初めての東南アジアでの国際詩祭参加。
面白いことに為りそうだ。
それらの話も含めての会になりそうな気配。
こうご期待!

予約・お問い合わせは

マリーン(銀座)            
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-6  アスタープラザビル 2F
TEL : 03-3572-6565

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

1月の天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバとを聴く!日程表です。肉聲の復権を求めたアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes (詩人の聲)  ―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー2018年1月(第1604回~第1610回)                   

 1月の天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバとを聴く!日程表です。 
肉聲の復権を求めたアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes (詩人の聲)

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

2018年1月(第1604回~第1610回)

第1604回1月10日(水)Cache-cache d`Art(自由が丘) 禿慶子(51)
(この回の開場は17:30 開演は18:00ですので、ご注意ください。)

第1605回1月18日(木)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 菊田守(7)
第1606回1月19日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 天童大人(83)
第1607回1月20日(土)Cache-cache d`Art(自由が丘) 葉山美玖(初参加)
(この回の開場は14:30 開演は15:00ですので、ご注意ください。)

第1608回1月26日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 乙益由美子(3)
第1609回1月27日(土)マリーン(銀座) 高橋紀子(4)
(この回の開場は13:30 開演は14:00ですので、ご注意ください。)

第1610回1月29日(月)Cache-cache d`Art(自由が丘) 筏丸けいこ(51 )
(この回の開場は16:30 開演は17:00ですので、ご注意ください。)

2月(第1611回~第1619回)

第1611回2月9日(金)Cache-cache d`Art(自由が丘) 葉山美玖(2)
(この回の開場は17:30 開演は18:00ですので、ご注意ください。)

第1612回2月12日(月)Cache-cache d`Art(自由が丘) 乙益由美子(3)
(この回の開場は14:30 開演は15:00ですので、ご注意ください。)

第1613回2月14日(水)Cache-cache d`Art(自由が丘) 原詩夏至(5)
第1614回2月15日(木)Cache-cache d`Art(自由が丘) 禿慶子(52)
第1615回2月16日(金)ブックカフェ二十世紀(神保町) 福田知子(41)
第1616回2月17日(土)マリーン(銀座) 天童大人(84)
(この回の開場は13:30 開演は14:00ですので、ご注意ください。)

第1617回2月22日(木)Cache-cache d`Art(自由が丘) 勝嶋啓太(1
6)
第1618回2月24日(土)マリーン(銀座) 野間明子(12)
(この回の開場は13:30 開演は14:00ですので、ご注意ください。)

第1619回2月27日(火)Cache-cache d`Art(自由が丘) 紫圭子(49)

     (3月に続く)

*開演時間は、各会場で異なりますのでご注意ください。
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Cache-cache d`Art(自由が丘)、ブックカフェ二十世紀(神保町) は、          開場18:30 開演:19:00        
入場料 予約:大人2,700円 当日:大人3,000 円 学割:1,500円 (学生証提示)
*御予約は直接、各会場か北十字舎へ電話・FaxかE-mailでお申し込み下さい。

協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

参加:画廊:その他 

*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)              
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

*Cache-cache d`Art(自由ガ丘)                
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

*マリーン(銀座)            
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-6
アスタープラザビル 2F
TEL : 03-3572-6565

*ブックカフェ二十世紀(神保町) 
〒101-0051 東京都千代田区神田神保2-5-4 2F
Tel:03-5213-4853
 
  


予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月に、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、お贈りくださった詩書たちです。2018年1月、以後のProjetの活動に、有意義に役立たせていただきますので、今年も、宜しく、お願いいたします。

寄贈された書物たち(114 )1201~1231

詩誌

堀口靖夫「呼」2号
井崎外枝子「笛」282号
原詩夏至「コールサック」92号
勝嶋啓太「揺蘭」14号
高橋紀子「詞花集 岩魚(現代詩の会 岩魚)
高橋紀子「ヒ―メロス」Vol.37

詩集・句集・歌集

田島安江 ト・ジョンファン『満ち潮の時間』(書肆侃侃房)
十田撓子『銘度利加』(思潮社)
ワシオ・トシヒコ『ワシオ・トシヒコ定稿詩集 われはうたへど』(コールサック社)

その他

森本あかね『白鋏』(私家版)
森本あかね『月の裏側に鳴る音』(私家版)
山口敦子『首都圏在住 秋田人100人の物語』(秋田ひぇばなの会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/23

肉聲のルーティンについて。

昨夜の詩人の聲の終了後の二次会で、参加された画家の方の口から、グルジェフみたいという言葉が出た。
実は、ビデオで、ピーター・ブルック監督作品「注目すべき人々との出会い」をこのところ見直している。
特に冒頭の部分。
「20年に1度、我ら語り部は芸の力を競うためにここに集う。ここは特別な谷だ。より優れた音だけがここの岩を共鳴させる。これを成し得た者が勝者となれるのだ。」

この谷に挑戦してみたいと思う。
室内とか劇場では、物足りない。自然との共存を目指すのなら、場と共鳴出来ているかが問われるのだ。
それは、19990年から続けられている、聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社、一の鳥居から本殿まで、約230メートル、その後ろの豊玉姫墳墓の奥の丘に、撃ち込んで、一の鳥居の背後の浅茅湾に響かせるのだ。

これはグルジェフの特別な谷に匹敵する場なのだ。
もう28年間続いている聲ノ奉納。

これはわたしの特別な聲のルーティンの一つなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/11

伊藤比呂美の紹介で、詩人乙益由美子のProjet参加が決まりました。1970年代後半に盛んに朗読を行っていた乙益由美子の聲に、ご期待ください。

昨夜、伊藤比呂美さんから紹介を受けた詩人乙益由美子さんと、今朝連絡をし、聴きに来てくださり、Projet参加が決まりました。
11月24日(金)に、初参加で、自由が丘のCache-cache d`Art.。
12月22日(金)に、2回目を京橋のギャルリー東京ユマニテで、聲を撃つことが決まりました。
1997年代に積極的に朗読活動されていたので、今後の乙益由美子の聲にご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/07

詩人浜江順子 12月11日(月)午後7時から、第1598回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、久し振りに、10回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、初めて聲を撃ち込む!

第1598回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人浜江順子、Projet参加、10回目の聲。
12月11日(月)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスー「目の言葉」から、「耳のコトバ」へ-

詩人浜江順子の詩集の装幀に使用する作品と、ギャルリー東京ユマニテとは、密接な関係がある、と言うのも浜江の詩集の装幀に使われた作品のほとんどは、ギャルリー東京ユマニテが提供しているからだ。
浜江順子が、このProjetに参加して、ギャルリー東京ユマニテで聲を撃ち込んだ時に、装幀用の作品を見つけ出していて、ほとんどが、賞を受賞している縁起のいい画廊だからだ。
詩人浜江順子にとって、ギャルリー東京ユマニテは、縁起の良い場である。
今回は第7詩集『密室の惑星へ』は、第8回更科源蔵文学賞を受賞記念!となる。
新し良い場のギャルリー東京ユマニテで、初めて、どんな聲を撃ち込むのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)            
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
松本匡史/北十字舎(10月1日に、移転しました。) 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

富山市在住の詩人田中健太郎 12月8日(金)午後7時から、第1597回Projet la Voix des Poètes(詩人の聲)に、46回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、自作詩を聲に乗せて撃ち込む!     

第1597回Projet la Voix des Poètes(詩人の聲)富山市在住の詩人田中健太郎 Projet参加、46回目の聲
12月8日(金)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスー「目の言葉」から「目のコトバ」へ-
5月に、詩人の聲叢書、第2巻として、エッセイ集『旅ゆくヒトガタ』(響文社)を、刊行した。
それ以後どんな作品を書いていたのか?

今回は、どんな作品を聲に乗せるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)            
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
松本匡史/北十字舎(10月1日に、移転しました。) 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島弁を駆使出来る詩人竹内美智代 12月7日(木)午後7時から、第1596回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、48回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3563-1305)の宙に、鹿児島弁を撃ち込む! 

第1596回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 鹿児島弁を駆使出来る詩人竹内美智代、Projet参加、48回目の聲。
12月7日(木)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

この5月に、このProjetで、長い間、鹿児島弁で書いた詩作品を1冊の詩集に纏めるべく、鹿児島弁で、聲を撃ち込み続けて来た詩人竹内美智代。
「詩人の聲叢書」第3巻として、鹿児島弁詩集『聲にのせたことばたち -鹿児島の方言でー』(響文社)を刊行した。
これからも、鹿児島弁で書き続けて、どんどん作品を増やして行けば良い。

さて今回は、どんな聲で、詩作品を聴けるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)            
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
松本匡史/北十字舎(10月1日に、移転しました。) 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647  
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

詩人・朗唱家・字家の天童大人10月11日(水)午後7時から、第1581回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、80回目の参加。三宿のUnica Gallery(予約03-3422-3049)の宙に最後の聲を撃ち込む!

第1581回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)天童大人 80回目の参加!
10月11日(水)
Unica Gallery(三宿)
演:19 時 00 分
18 時 30 分
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指す天童大人プロデュース-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人・朗唱家・字家の天童大人 この会場での最後の聲を撃ち込む!
このProjetの創成期から協力を惜しまなかったStar Poets Garlleryから、Unica Galleryへと繋げた場。
聲を撃ち込んで、温かい空間に替わった場が、この10月で無くなるのだ。
身体が覚えている場の空間感覚。
さてこの場での最後の聲には、何を撃ち込むのか?
天童大人が全身全霊を込めて撃ち込みます。
是非、御立合いください。


第1581回アートパフォーマンスProjet La Voix des poètes(詩人の聲)
―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー
 
天童大人(Tendo Taijin)詩人・朗唱家・字家®
UNIVERSAL VOICE®
このProjetの創成期からお世話になったこの会場が、10月末で、閉廊になります。

Unca Gallery(三宿)
〒154-0004 世田谷区区太子堂1-1-13佐々木ビル2F
   三宿バス停下車 徒歩4分
予約Tel &Fax  03-3422-3049 

入場料 予約 大人 2,700円 
当日 大人 3,000円 学生 1500円(学生証呈示)
 
ご予約 :北十字舎 Tel 090-3696-7098 Fax 03-5982-1797

協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団 

天童 大人(Tendo Taijin)プロフィール
1973年7月 スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の啓示」を受け、「聲ノ力」に開眼。
1987年9月 来日中のケネディーセンターのジリアン・プール女史から、「UNIVERSAL VOICE」と聲を命名される。
1990年7月 ザルツブルグで、ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤ教授のマスタークラスを受講。
2002年3月 イタリア・ヴェローナ文芸家協会主催の<春の詩祭-オマージュ ロベルト・サネージ頌ー>に招待 されアレーナ・デ・ヴェローナ(野外闘技場)で、「聲ノ奉納―UNIVERSAL VOICE®」単独公演を挙行。
2006年10月14日、肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)を創設し、プロデューサーとして、全回、立ち会い、2017年2月16日、第1500回を刻み、現在も継続中。
2013年5月 第二回バビロン国際・文化芸術祭(イラク) 字の個展と国際詩祭とに、招待参加。
2014年9月 第一回テヘラン・アバダン国際詩祭(イラン)に、招待参加。
2017年9月 平昌韓中日詩人祭(韓国・平昌)に、招待参加。

2015年5月,【詩人の聲叢書」創刊。第1巻、長編詩『ピコ・デ・ヨーロッパの雪』(響文社)刊行
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  URL:http://universalvoice.air-nifty.com/
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/
所属:日本ペンクラブ・日本文藝家協会・国際詩アフリカ協会(セネガル)各会員。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧