カテゴリー「恋愛」の記事

2016/06/09

詩人岩崎迪子 7月2日(土)午後2時から、第1416回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、26回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に。久方ぶりに、聲を撃ち込む!

第1416回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 詩人岩崎迪子 26回目の参加!
7月2日(土)
Cache-cache d`Art(自由ケ丘)
開演:14 時 00 分
開場:13 時 30 分
料金:3000円 予約 2700円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人岩崎迪子、久し振り、Projetに、26回目の参加。
シニックな笑いの有る詩を書ける詩人は詩人岩崎迪子を除いて、居ないのではないか?
また詩人岩崎迪子の詩作品に触れれることを、喜びたい。
さて今回、どんな聲を聴かせてくれるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
*Cache-cache d’Art(自由ガ丘)           
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
 (カシューカシュダール)          
東急東横線自由が丘駅 南口下車徒歩4分
℡080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/05

今、ムービープラスで、映画「エマニエル夫人」を上映していて、アラン・キュニー出ていて、懐かしくなった!

今、映画「エマニエル夫人」をムービープラスで、やっていて、フランスの映画俳優アラン・キュニーが出ているのを見て、懐かしくなった。
アランに逢ったのは、1973年の夏、パリの在る画廊でだ。
確か「ヒロシマモナムール(二十四時間の情事)」の主演女優も来ていたが、何で、アランと話をしたのか、だんだん想い出してきた
。そう遅れてやってきたアランに、何処かの大学教授みたいだ、と言ったら、今、自分もそのことを考えてきたのだ、と言い、何なら似合うかと言うので、外交官だとか経済学者が似合うと。
何処に泊まっているのかと言ったので、友人の処で、と言ったらいつでもお出で、部屋が23あるから、大丈夫。
娘がいるけどね、と言ってカードをもらって、別れたことを想い出した。
その後、あのジャック・ラカンが、疲れた!疲れた!と言って入ってきたのだ。
ラカンを撮った写真が一葉、何処かに有る筈だ。
もう40年も前の話だ。
アラン・キュニーが、ピカソやジョルジュ・バタイユの友人で、ラカンがピカソの主治医だと知ったのは、帰国した後だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/01

2013年1月・2月のプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の公演日程表です!参加詩人は、早急に自分のチラシを、制作し、お送り下さい!愈々、900回が見えて来ました!

    天童大人 プロデュース

  詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des Poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を求めて!―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー     
  
    2013年1月

第874回1月5日(土) Hispanica(溜池山王)   森川雅美(13)
(この回に限り、開場16:30 開演17:00 ですので、御注意下さい。)

第850回の代替え公演1月11日(金) ギャラリー華(広尾) 天童大人(32)

第875回1月16日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 細田傳造(2)

第876回1月17日(木) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 松尾真由美(12)

第877回1月18日(金) Star Poets Gallery(三宿) 福田知子(6)

第878回1月19日(土) 数寄和(西荻窪) 原田道子(27)
(この回の会場の開場は15:00 開演は15:30 ですので、御注意下さい。)

第879回1月21日(月) ギャラリー華(広尾) 岩崎迪子(11)

第880回1月22日(火) ギャラリー華(広尾)  有働薫(23)

第881回1月23日(水) ギャラリー東京ユマニテ(京橋) なかにしけふこ(5)

第882回1月24日(木) ギャラリー東京ユマニテ(京橋) 高野民雄(11)

第883回1月25日(金) 東京平和教会(駒込) 柴田友理(10)
(この回は開場18:00 開演18:30ですので、ご注意ください。)

第884回1月28日(月) ギャラリー華(広尾) 峰岸了子(21)

第885回1月29日(火) ギャラリー華(広尾)  ブリングル(8)

第886回1月30日(水) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 神泉薫(31)

第887回1月31日(木) Cache-cache dArt(自由が丘) 禿慶子(15)


        2月


第888回2月4日(月) ギャラリー華(広尾)  紫圭子(17)

第889回2月5日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 原田道子(28)

第133回2月7日(木) ギャラリー華(広尾) 田中庸介(20)
(この回は,第133回に参加予定の詩人が急病の為、開催出来なかった為の代替公演です。)

第890回2月12日(火) ギャラリー華(広尾) なかにしけふこ(6)

第891回2月13日(水) Star Poets Gallery(三宿)  長谷川忍(4)

第892回2月15日(金) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 長谷部裕嗣(6)

第893回2月18日(月) ギャルリー華(広尾)  竹内美智代(18)

第182回2月19日(火) ギャラリー華(広尾) 天童大人(33)
(この回は、第182回に参加予定の詩人が台風で、上京出来ず、中止となった代替公演です。)

第894回2月20日(水)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 柴田友理(11)

第895回2月21日(木)東京平和教会(駒込)  福田知子(6)

第896回2月22日(金)ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 後藤理絵(2)

第897回2月24日(日) Cache-cache dArt(自由が丘) 田中健太郎(24)
(この回の開場は、15:30 開演16:00ですので、ご注意ください)

第898回2月26日(火) ギャルリー東京ユマニテ(京橋) 禿 慶子(16)

第899回2月28日(木) ギャラリー華(広尾) 岩崎迪子(12)

         (3月続く)

*開演時間は、各会場で異なりますので、御注意下さい。

東京平和教会(駒込駅東口1分)  ,開場18:00 開演18:30

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),

Cache-cache dArt(自由が丘) 開場18:30開演:19:00

,  入場料 予約  大人2,700円 当日  大人3,000 円
学割1,500円 (学生証呈示) 小・中学生 (保護者同伴無料)

*御予約は直接、各会場か北十字舎へFaxかE-mailでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他 

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)〒104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB2
メトロ京橋駅⑥番出口下車 徒歩1分Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
http://g-tokyohumanite.jp

Star Poets Gallery(三宿) 〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾) 〒106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&fax 03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

数寄和(西荻窪) 〒167-0042 杉並区西荻北 3-42-17
℡03-3390-1155 Fax03-5311-7260
www.sukiwa.net

Hispanica(溜池山王前) 〒107-0052 港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F
銀座線・南北線「溜池山王」駅下車8番出口の前のビルの内,徒歩0分
℡:080-4119-9711(神田) ℡:090-3696-7098(天童)

東京平和教会(駒込チャペル) 〒170-0003豊島区駒込 1-28-8
JR駒込駅東口下車 徒歩1分
(この会場の予約は、北十字舎(Tel090-3696-7098 Fax03-5982-1797に御連絡下さい)

Cache-cache dArt(自由ガ丘) 〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-10
(カシュカシュダ―ル) ℡080-3455-2111(西端)

Tree House(下高井戸)  〒156-0043 世田谷区松原3-21-12
℡&Fax 03-3322-3418(峰岸)


予約・お問合わせ・その他は:

北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
  ℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil (au): 090-6181-0556 (AM9 :00~20 :00通話可)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/28

詩人で作家の稲葉真弓(今年度 親鸞賞受賞) 12月1日(土)午後3時半から、第856回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、18回目の参加!西荻窪の数寄和に、聲を撃ち込む!

天童大人プロデュース -「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人・作家の稲葉真弓、プロジェクト18回目の参加。

今年度の親鸞賞受賞。受賞作品『半島へ』は、昨年度の谷崎潤一郎賞も受賞。

4年前の『海松』で、川端康成賞と二作品で4つの賞を受賞。

驚くかもしれないが、このプロジェクトに参加して聲を撃ち込み続けている稲葉真弓を見、聴き続けていると、御褒美が与えられるのも当然かと思うくらい、素直に聲を撃ち続けている。

素直な性格は、才能を素直に伸ばすものだ!

そう言っても本当に、難しいことなのだ。素直に聲を撃ち込み続けることは!

その聲を一度聴かれてみたら、良いのだ。

予約・お問い合わせ
数寄和(西荻窪) 〒167-0042杉並区西荻北 3-42-17
          ℡03-3390-1155

北十字舎 Tel03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~Pm20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/01

昨夕は、台風騒ぎのなか、細田傳造詩集『谷間の百合』(書肆山田)出版記念会に、御参加下さった方々に厚く御礼申し上げます。発起人の12名 長谷川龍生、白石かずこ、稲葉真弓、新藤凉子、高橋睦郎、禿慶子、紫圭子、原田道子、竹内美智代、松尾真由美、大島龍、天童大人、全員が揃い、この第一詩集『谷間の百合』を祝った訳です。

昨夕は、台風騒ぎのなか、細田傳造詩集『谷間の百合』(書肆山田)出版記念会に、御参加下さった方々に厚く御礼申し上げます。発起人の12名 長谷川龍生、白石かずこ、稲葉真弓、新藤凉子、高橋睦郎、禿慶子、紫圭子、原田道子、竹内美智代、松尾真由美、大島龍、天童大人、全員が揃い、この第一詩集『谷間の百合』を祝った訳です。
既に某賞の最終選考の三冊に残ると言う結果が残っていてる稀にみる良い詩集なので、集まった訳です。

高野民雄さん、山口真理子さん、神泉薫さんから、とても良い会だったとご連絡を頂きました。(有難うございました。)
二次会も有楽町の炉端で、30名も参加いただきました。本当に有難うございました。

発起人代表としての稲葉真弓さんのご挨拶、高橋睦郎さんの作品についてのお話。長谷川龍生さんの乾杯のお言葉、この詩集の魅力を語って下さいました。

この会は、インドに行かれたグループもありますが、5月に、対馬で行なわれた第23回「天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」に、今回初めて参加された詩人は原田道子、紫圭子、竹内美智代、細田傳造の4名。

原田、竹内、紫、天童の4名で、仲間の細田傳造さんが詩集を出されるので、チームのようなものが出来始めて、拡がりを持って、昨日の会が行なわれた。

若い詩人神泉薫、ブリングル、長谷部裕嗣、柴田友理なども参加してくれた。

詩集が良いと、良い会が出来ることが、実感できた。

この詩集『谷間の百合』(書肆山田 本体2500円+税)は、是非、お読みください!

驚きますよ、こんな詩集は見たことが、無い筈ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/09

詩人ブリングル 8月31日(金)午後6時半から、第810回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加!駒込の宙に、初めて自作詩を聲に乗せ、撃ち込む!乞うご期待!

天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人ブリングル 5回目の参加!

早いもので、もう5回目の参加に為る。

1時間余り、良く続けて来たものだと思う。これからも続けて、聲を撃ち込み続けて来たら、面白いことに為る。

すでに同世代の詩人神泉薫が28回を刻んでいる。

第二詩集も刊行されて、ブリングルは、聲を撃ちこみ続けて来た成果が、徐々に表れて来る。

10回、15回、15回。20回と回を重ね続けて行くと、耳も鍛えられて、詩作品が変わって来る。

色々な場を替えての経験が、詩作品に良い影響を与えて来る。

今後の活躍を刮目して見ていると良いのだ!

今回どんな聲を撃ち込むのか!

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
東京平和教会(駒込)〒170-0003 豊島区駒込1-28-8
    JR駒込駅東口下車 1分
            ℡&Fax03-5978-5454

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797
携帯090-6181-0556(AM9:00~PM20:00通話可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/06

美空ひばりの13歳の時の音源が発見されたとの、今朝の新聞(東京・毎日)の記事は、嬉しい話だ!是非、再現していただいて、早く、聴いてみたいものだ!

 「内容から、美空さんが50年6月24、25日に開いたカルフォニア州サクラメントの公演と判明。極めて鮮明な音で、美空さんが大人びた声で笠置シズ子さんの「ヘイヘイブギブギ」や英語曲「ボタンとリボン」などを歌う様子が納められていた。」(東京新聞、6月6日朝刊より)

この鮮明な音で残されている美空ひばりの音源を、早く聴きたい。

これ程の歌い手はもう出て来ないのではないか。

美空ひばりの持ち歌を、現代の歌手が、歌うが、どれもこれも下手糞だ!

恥ずかしい限りだ!

「天才」、と言う言葉に、相応しい歌手だ。

美空ひばりに匹敵する歌手は、何処に居るのだろうか!

齋藤愼爾の『ひばり伝』(講談社刊)が、面白いぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/21

詩人伊藤比呂美 4月19日(木)第743回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、12回目の参加!西荻の宙に、カノコ殺しのカノコと初めてに共演!どんなハモニーが醸し出されますか、乞うご期待!

天童大人プロデュース
    
     肉聲の復権を求めて!
  ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人伊藤比呂美 12回目の参加!

「カノコ殺しをカノkの筝と
 声にするつもりでございま。ただ、
 カノコ、妊婦なのと遠方なのとにつき、
 ほんとうに来られるか、100%の保証が
 できませんので、万一のときはごめんな
 さい。でもわたし一人でだって、満足
 していただける朗読をおきませいた
 しますので。
        伊藤比呂美     」

予約・問い合わせは

数寄和 杉並区西荻北3-42-17 ℡03-3390-1155

北十字舎 ℡03-5982-1834 

     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/03

ジャニス・ジョプリンの「TELL MAMA」、エデット・ピアフの「バラ色の人生」、マレーネ・ディートリッヒの「リリー・マルレーン」、マリア・カラスなどの歌声を実写フィルムを見ながら、彼女たちのコピーの聲を聴き続けている。特にエデット・ピアフは、小柄な日本人に体形が最も近いのだが、声の力は、全く違うのだ!何故だ???

唯、マリア・カラスを加えた4人の女の声を、聴き続けている。


全く異なる声の質とジャンル。

人種もジャンルも年齢も異なる。 

聲、20世紀の謎と言われて、未だ解明できていない声の謎。

好き?嫌い?それだけではない聲ノ力。

今、何故、目の前に、この4人の聲が残されているのか?

本当に何故なのか?

意味が有る事なのだろうが、未だ分からないのだ。

この意味が。

この4人の声を聴いていて、つまるところヒトの生き方が声に大きな影響を与えているのではないか、と言うことだ。

この4人の歌声を聴いて、助けられた人々が、世界中に居るはずだ。

他人に勇気を与え続けてきたこの4人の聲。

何時になったら、声の秘密がわかるのであろうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/27

気が滅入った時は、ジャニス・ジョプリンの力強い聲を聴くに限る!丁度、DVDで『ジャニス』が手に入って、聴き始め、観はじめた!

 一度、ステージを聞いて見たいと思った歌手の1人が、ジャニス・ジョプリンだ。

何時もはCDだけで、聴いて来たが、今、こうしてDVDで、彼女のステージを観ると、エネルギッシュに驚くばかりだ。
1970年10月4日、27歳で亡くなっているが、このライブ映像を観てゐると、是非、生で聴いてみたかった。

しかし、27歳という若さでは、歌い、聲を出しきったと言う訳では、無いだろう。

同世代との視点で考えた時、もしジャニスが歌い続け、生き続けていたら、何処に居るのだろうか?

書くより作る感じ?

考えるより、感じて歌う?

スタジオで歌い出す「サマータイム」の出足の擦れ声。

それから後の1969年のフランクフルトのコンサートでの「サマータイム」は、舞台の上まで観客が立ち、溢れている会場でのしわがれ聲。不思議な魅力がありますね。

本当にジャニスの聲は、いや魂はピュアなのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes | Poetry Voice Circuit | おすすめサイト | アニメ・コミック | アメリカ文学 アメリカ詩 | イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 | イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 | ウェブログ・ココログ関連 | オペラ・歌舞伎 | ギャンブル | クリスタル・スィンギングボール | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクロン・地震・台風 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | フランス詩・フランス文学 | ペット | マグマ 火山 休火山 噴火 | ラテンアメリカ文学・詩 | ロシア文学・ロシア詩 | 交通手段・鉄道・航空・船舶 | 人材・才能 | 企画画廊・貸し画廊 | 住まい・インテリア | 作家 | 内閣・官僚・国家公務員 | 写真 | 写真家 | 原子力発電所 | 原子力関係 | 国際詩祭 | 天気予報・気象情報 | 字家 | 学問・資格 | 宇宙・人工衛星・ミサイル | 展覧会 | 帽子・ファッション | 彫刻家 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学 | 新聞・月刊誌・週刊誌 | 方言 方言詩 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書家・書道家 | 書籍・雑誌 | 朗読 | 朗読会 | 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 | 海外 | 独裁者・亡命 | 現代詩 | 画家 | 神社・仏閣・宗教 | 精神世界 | 精神世界・癒し | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 美術館 | | 育児 | 自動車 | 芸能・アイドル | 薬・病院・医療・医者 | 詩・文学・翻訳 | 詩人 | 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 | 詩集 | 賞・選考委員 | 趣味 | 選挙・議員 | 霊界・神秘主義・霊能者 | 霊視・霊能力者 | 音楽 | 音楽家 | UPRISING 革命