カテゴリー「交通手段・鉄道・航空・船舶」の記事

2018/11/15

藤枝市在住の詩人原利代子、12月19日(水)午後7時から、第1731回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、6回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)に、初めて、聲を撃ち込む!

第1731回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)藤枝市在住の詩人原利代子 Projet参加、6回目の聲。
12月19日(水)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La voix des Poètes(詩人の聲)に、藤枝市在住の詩人、原利代子、Projet参加、6回目の聲。

初めて、聲を撃つ空間を自由が丘から、京橋に代えて、どんな聲を聴かせてくれるのか?
過去に、地方から、上京してこのProjetに参加した詩人は、北海道から沖縄まで、全国から、多くの詩人が居る。これはかってイタリア・ミラノのスカラ座の歌い手に、ウィーンから夜行列車に乗って、月1回、練習に通ってきた日本人留学生の話を友友人の画家からKEIZOから聞いて、良い場と教師が居たら、当然のことと思っていた。
だから、例えば詩人友理が、福岡から飛行機で参加した時も、札幌の詩人渡辺宗子が参加して、1時間余り聲を撃つことによって、自分自身と向き合い、新たな自分自身の可能性を見出すことに為っている。
藤枝市在住の詩人原利代子にとって、年長の禿慶子の聲を聴いてから、このProjetに参加して、毎月、聲を撃ち込に続けていて、間もなく、80歳になる。
これで、禿慶子、原利代子と二人の80代の詩人が揃う。
ともあれ、95歳のウルガイの詩人Ida Vitaleの存在を知らせたのだから、これからも大いに励んで、詩を書き、聲を撃ち込み続けていただきたいものだ。
さて今回は、どんな聲に、コトバを乗せるのか?

こうご期待!


参加画廊へのアクセス、予約

*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.com/

予約お問い合わせは
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com   URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

豊川市在住の詩人紫圭子 12月3日(月)第午後7時から、第1724回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、 51回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、久しぶりに、聲を撃ち込む!

第1724回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 豊川市在住の詩人紫圭子 Projet参加、51回目の聲。
12月3日((月))
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500 学生1500円

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La voix des Peètes(詩人の聲)に豊川市在住の詩人紫圭子、Projet参加、51回目の聲。

長崎県対馬で毎年開催されている「天童大人 聲ノ奉納 in
対馬」に参加して、豊玉姫の墳墓の参詣し続けて、詩集『豊玉姫』(詩人の聲叢書第5巻 響文社)を上梓した。
各地で、『豊玉姫』を聲にのせて挙げなくてはいけないのだ。詩人紫圭子は。
今回は、11は居の毎水曜日に、調布FMの「VΘEME!現代の詩とコトバを聴くVΘEME」で、聲にのせた詩作品を中心に、聲を撃ち込む!
こうご期待!

予約・お問い合わせは

Cache-cache d`Art(自由が丘)         
〒158-0083世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線・自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約お問い合わせは
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com   
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花巻市在住の壷井繁治賞詩人照井良平 12月1日(土)午後7時から、 第1723回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、13回目の参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、ケセン語を撃ち込む!        

第1723回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 花巻市在住の壷井繁治賞詩人照井良平 Projet参加、13回目の聲。
12月1日(土)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に花巻市在住ので、ケセン語で詩を書く詩人照井良平。Projet参加、13回目の聲!

久し振りにケセン語が聴ける。
今回は、「詩の海 カシュカシュダールに またしても 潮風の 気仙語 が波を撃つ」と題して、詩人照井良平の聲とコトバが聴ける。
こうご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d`Art(自由が丘)         
〒158-0083世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線・自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約お問い合わせは
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com   URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/18

名古屋市在住の詩人で日本で唯一のゴットン節の唄い手、友理、10月5日(金)午後7時から第1700回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に57回目の参加の聲。神田神保町の ブックカフェ20世紀(予約03-5213-4853)の宙に、聲を撃ち込む!     

第1700回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 名古屋市在住の詩人で日本で唯一のゴットン節の唄い手、友理、Projet参加、57回目の聲。
10月5日(金)
ブックカフェ20世紀(神田神保町)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に名古屋市在住の詩人で、ゴットン節の唯一の唄い手友理。
Projet参加、57回目の聲。
続けて聲を撃ち込んで行くと思いがけないことが起こる。
友理がゴットン節でCDを制作するとは誰もが考えていなかった。
愈々、この肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjetが, 12年目に入り、1700回をゴットン節で刻む。
一度、肉聲で、ゴットン節をお聴きください。
YouTubeで、ゴットン節を検索して、お聴きください。
さて今回は、どんな聲とコトバとを聴かせてくれるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせ

ブックカフェ20世紀(神田神保町)   
〒101-0051 千代田区神田神保町2-5-4
古書店アットワンダー2F
Tel:03-5213-4853&Fax03-5213-4853
http://jimbo20seiki.wix.com/jimbocho20c

北十字舎
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/09

21日、午後7時から、先達詩人菊田守の第1679回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) は、京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)で、開催します。

第1679回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)先達詩人菊田守 Projet参加、11回目の聲。
8月21日(火)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生2500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、先達詩人菊田守 Projet参加、11回目の聲。
今回は、新刊詩集『幼年』刊行記念の聲。
昨年からこのProjetに参加して、あっという間に10回の大台を超えた82歳の先達詩人菊田守。
前回、95歳のウルグアイの詩人Ida Vitaleの聲を個人的に、お聞かせした。
大いなる刺激を受けられたことだろう!今後の詩人菊田守の聲が楽しみだ。

予約・お問い合わせ
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/24

詩人高橋睦郎、7月13日(金)午後7時から、第1668回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、18回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約℡03-3562-1305)の宙に、新詩集『つい昨日のこと』を、初めて聲に乗せる!

第1668回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)古典から現代を俯瞰できる詩人高橋睦郎 Projet参加、18回目の聲!
開催日7月13日(金)
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に日本の古典から現代までを網羅できる詩人高橋睦郎、久し振りにProjet参加、18回目の聲。
今回は、新詩集『つい昨日のこと』(思潮社)刊行記念の聲。
ドイツから帰国して、新詩集『つい昨日のこと』を初めて聲に乗せる。こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
e-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/22

藤枝市在住の78歳の詩人原利代子  7月10日(火)午後6時から、第1675回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、初参加。自由が丘のCache-cache d`Art(予約080-3455-2111西端)の宙に、第1詩集から、順に、聲に乗せ、撃ち込む!         

第1675回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)藤枝市在住の78歳の詩人原利代子 Projet,初参加!
7月10日(火)
Cache-cache d`Art(自由が丘)
開演:18 時 00 分
開場:17 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、藤枝市在住の78歳の詩人詩人原利代子、Projet、初参加。
先日の禿慶子の回に、初めて姿を現した藤枝市在住で78歳の詩人原利代子、Projet初参加。
第1詩集『皿と星と FEMALE と』から、聲に乗せ始める。
78歳など、ウルグアイの95歳の詩人Ida Vitaleから比べたら、まだまだ若い。
今から。自分の聲を鍛えることは大事なこと。
どんな聲が聴けるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d`Art(自由が丘)         
〒158-0083世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線・自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   
http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/21

詩人・朗唱家・字家の天童大人 7月7日(土)午後2時から、第1666回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に,89回目の参加。銀座のマリーン(予約03-3572-6565)の宙に、聲を撃ち込む!

第1666回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人(Tendo Taijin) Projet参加、89回目の聲。
7月7日(土)
マリーン(銀座)
開演:14 時 00 分
開場:13 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生2500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)の詩人・朗唱家・字家の天童大人、Projet参加、89回目の参加。
聲を撃ち込み始めたら、毎月でも聲を撃ち込み、声帯の筋肉を鍛え続けて行かなければならない。
6月に国際交流基金の助成を受けて、第13回ブエノスアイレス国際詩祭に参加出来、95歳のウルガイの女性詩人Ida Vitaleの聲を聴き、直に話すことが出来たことは、今後の自分の聲の為にも良かったのだ。
それは東京―パリ―ブエノスアイレスへ空路。
空のラインが初めてで、体への刺激が特別なのだ。
2004年11月に、第12回ロザリオ国際詩祭の参加するために、ブエノスアイレスの滞在し、ボルヘス財団での朗読会にも参加した後、バスに乗り、約5時間、ロザリオ国際詩祭へ。
14年振りのブエノスアイレスは、聲を撃ち込んでも楽に聲が撃ち込めた。
さて、今回は、どんな聲を撃ち込めるのか?
こうご期待!

今月から、会の終了後、マリーンで飲むビールは、一杯300円になりました。

予約・お問い合わせは
マリーン(銀座)            
〒104-0061 中央区銀座7-7-6    
アスタープラザビル2F   Tel:03-3572-6565

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

名古屋在住の友理 6月29日(金)午後7時から、第1660回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、55回目の聲を、神田・神保町のブックカフェ二十世紀(予約03-5213-4853)の宙に、初めて聲を撃ち込む!

第1660回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)名古屋在住の友理 参加、55回目の聲。
6月29日(金)
ブックカフェ二十世紀(神田・神保町)
開演:19時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンス詩人の聲に、名古屋在住の詩人友理、Projet参加、55回目の聲!
第2詩集の刊行が、今回の聲に間に合うのか?
またCD「ゴットン節」の刊行と、名古屋に移住してから、相次いで形になって具現化する詩人友理の仕事。
二つの表現が互いを支え合ってどう伸長して行くのか?
初めての場で、どんな聲の響きを聞かせることが出来るのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ブックカフェ二十世紀(神田・神保町)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保2-5-4 2F
神保町駅A1下車徒歩0分
Tel:03-5213-4853

その他は:
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/   http://lavoixdespoetes.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/26

ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤのマスタークラスの3週間の授業については、ほとんど書いていないことに気が付く。

ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤのマスタークラスの3週間の授業については、ほとんど書いていないことに気が付く。

午前9時から、3時間。午後2時から3時間。

ガリーナとピアニストが、課題を与えた学生たちに、順番にレッスンを施す。アメリカ人夫妻、南アフリカ、フランス、フィンランド、西ドイツ、そして韓国から7名の計、13人がアクティブで、パッシブはわたし一人。常に他のクラスの学生が覗きに来ている。ガリーナが授業風景の撮影を認めてくれたので、思う存分撮影できた。会期中に何枚かの写真には、ガリーナ、自らサインを入れてくれた。結果的には3週間で800枚余り撮影。帰国して現像してみると写真の出来栄えは悪くない。「毎日グラフ」編集部に、持ち込んで見ると、「不出世のソプラノ歌手、ガリーナ・ヴィシネフスカヤの素顔」として掲載された。1991年10月、初めての写真展「聲乃師-ガリーナ・ヴィシネフスカヤの素顔」(ギャラリーフレスカ・新大久保)を開催。見に来られた写真週刊誌「FOUCAS」副編集長が、うちに欲しかったと言ってくれて、翌年の1992年から1995年まで、「FOUCAS」準レギュラーとして、撮影に携わった。本当に、1年前に、画家村井正誠さんが言ったとおりになった。先達の言うことは、素直に聞くものだ、とつくづく思った。ザルツブルグのマスタークラスへ行って、写真家になったのは、世界でわたし一人だけだろう。(続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes | Poetry Voice Circuit | VΘEME | おすすめサイト | アニメ・コミック | アメリカ文学 アメリカ詩 | イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 | イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 | ウェブログ・ココログ関連 | オペラ・歌舞伎 | ギャンブル | クリスタル・スィンギングボール | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクロン・地震・台風 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | フランス詩・フランス文学 | ペット | マグマ 火山 休火山 噴火 | ラテンアメリカ文学・詩 | ロシア文学・ロシア詩 | 交通手段・鉄道・航空・船舶 | 人材・才能 | 企画画廊・貸し画廊 | 住まい・インテリア | 作家 | 内閣・官僚・国家公務員 | 写真 | 写真家 | 原子力発電所 | 原子力関係 | 国際詩祭 | 天気予報・気象情報 | 字家 | 学問・資格 | 宇宙・人工衛星・ミサイル | 展覧会 | 帽子・ファッション | 彫刻家 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学 | 新聞・月刊誌・週刊誌 | 方言 方言詩 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書家・書道家 | 書籍・雑誌 | 朗読 | 朗読会 | 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 | 海外 | 独裁者・亡命 | 現代詩 | 画家 | 神社・仏閣・宗教 | 精神世界 | 精神世界・癒し | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 美術館 | | 育児 | 自動車 | 芸能・アイドル | 薬・病院・医療・医者 | 詩・文学・翻訳 | 詩人 | 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 | 詩集 | 賞・選考委員 | 趣味 | 選挙・議員 | 霊界・神秘主義・霊能者 | 霊視・霊能力者 | 音楽 | 音楽家 | UPRISING 革命