カテゴリー「霊界・神秘主義・霊能者」の記事

2021/03/01

3月公演 天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバを聴く!アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人聲) 案内状です。 -肉聲の復権を目指す!-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-3月(第1958回~第1966回)公演 

3月公演 天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバを聴く!アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人聲) 案内状

-肉聲の復権を目指す!-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-   
           2021年3月(第1958回~第1966回)公演

 
 肉聲の復権を目指すこのProjetは、15年目に入り、公演数も1957回を超えました。
昨年、4月、新型コロナウィルス感染の増加から、緊急事態宣言を受け、会場の画廊が休廊になり、予定していた4月・5月の計18公演、全てを中止・順延とし、6月6日の第1884回から公演を再開。今、世界中の人々は、コロナウィルス戦争の真っ最中だからこそ東京で
は、何時でも詩人の肉聲で「詩」が聴ける街であり続けたいのですが、先ずは人命第一で、ワクチン接種で、世界的に早い終息を願うばかりです。

また今年の1月8日から、緊急事態宣言が3月7日まで緊急事態宣言が延期されましたが、出来る限り開催いたします。
このアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)は、2006年10月13日、日本の聲の先達詩人白石かずこの聲から口火を鑚り、2021年2月28日迄で、1957回の全公演をプロデユースしました。

詩集の目の言葉を耳のコトバへ!参加詩人にとって1時間余り、マイクや音楽もなく、ただ自作の詩作品と真摯に向き合い、己を鍛える場は世界に類の無い、日本が誇る肉聲の文化プロジェクトです。2015年5月に、耳から目の言葉へと自由に往還できる「詩人の聲叢書」(響文社)を、創刊、第6巻、詩人・作家稲葉真弓選詩集『さようなら は,やめときましょう』,と第8巻、菊田守詩集『生きるよろこびの聲』は、2019年4月刊行。(現在、北十字舎で取り扱い。)残念ながら先達詩人菊田守氏は2019年 6月3日に亡くなられています。享年83歳。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
3月のProjet公演の会場は、自由ケ丘のアートスペースCache-cache d`Art、JR駒込駅脇の東京平和教会駒込チャペル、京橋のギャルリー東京ユマニテ、の三所となります。
肉聲の復権を目指すこのアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)は、参加されるあなたの為の「詩人の肉聲とコトバ」です。是非またご参加ください。
(このProjetについてはWikipediaの「詩人の聲」を検索してご覧ください。)
協賛:西肇、(マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ
2021年3月、黄道吉日   
Producteure & Directeure 天童大人
このProjetに参加希望の方は、下記宛に、ご遠慮なく、お問い合わせください

北十字舎 〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611  Fax:03-6459- 7647  Mobil:090-3696-7098
E-maile:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  URⅬ:http://www.fekt.org/tendo-taijin/

| | コメント (0)

2021/02/01

詩人・朗唱家・字家の天童大人 2月3日(水)午後7時から、第1951回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、Projet参加、107回目の聲を、京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に聲を撃ち込む!

第1951回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人 107回目の参加。
開催日:2021 年 2 月 3 日(水)
場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/ )

肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人、Projet参加、107回目の聲を、京橋の宙に、撃ち込む!

昨年11月11日、七月堂から刊行した新詩集『長編詩 バビロン詩編』全編と次の詩集に収録する予定の作品を、時間のある限り、聲に乗せて、撃ち込みます!
ご期待ください。
協賛: 西肇、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ

予約・お問い合わせは
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
https://g-tokyohumanite.com/

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL : http//universalvoice.air-nifty.com/
http//www.fekt.org/tendo-taijin/ 

| | コメント (0)

2020/12/31

2020年に、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、寄贈された詩書たちです。今後のProjetの活動に活かさせていただきます。本当に、お送りくださって、感謝です。2021年も宜しく、お願いいたします。

2020年 寄贈された詩書たち01011231 

詩誌

渡辺宗子「弦」76

柴野京子「貝の火」第15

柴野京子「貝の火」終刊号(16)

嵩文彦「ROKU麓」Vol.1 No.11

北原千代「ばらいろ爪15

友理「something30(書肆侃侃房)

池田和人「牧」創刊号

竹内美智代「詩と思想」20203月号

竹内美智代「void」創刊号

嵩文彦「ROKU麓」No12

井崎外枝子「笛」292

高橋絹代「くれっしえんど」109

柴田望「フラジゃイル」8

渡辺宗子「弦」77

江口節「多島海」36

勝野郁子・藤本真理子「アンナ」第2

嵩文彦「麓」No.13

葉山美玖「compositionVol.4

堀内統義「漣」2020夏・VOL11

堀内統義「漣」2020夏・別冊

池田康「みらいらん」第6

富上芳秀「詩游」No.66

紫圭子「孔雀船」Vol.96

嵩文彦「麓」No.14

柴田望「フラジゃイル」9

田中庸介「妃」22

麻生直子「潮流詩派」260261号」

髙野尭 石毛拓郎個人誌「飛脚」第25

井崎外枝子「笛」295

たかはしかずこ「詩人会議」9月号、2020

たかはしかずこ「詩人会議」11月号、2020

鈴木東海子「櫻尺」44

嵩文彦「麓」15

有働薫「未定」25

金堀則夫「交野ケ原」89

金石稔「阿吽通信」No3

鈴木獏「おたくさ」Ⅲ―6

江口節「多島海」38

水崎野理子「詩と思想」12月号

勝野郁子「アンナ」3

指田一「space154

指田一「スペッキヲ」57

柴田望「フラジやイル」10

井崎外志子「笛」294

 

詩集・句集・歌集

安森ソノ子『TOUCHING MURASAKISHIKIBU`S SHOULDER紫式部の肩に触れて』(コールサック社)

金井幸次 江原光太詩集『穴』(北方文学会)

金井幸次 江原光太詩集『僕の演説』(石人社)

金井幸次 江原光太詩集『オルガンの響き』(響文社)

金井幸次 江原光太詩集『北極の一角獣』(響文社)

金井幸次 大島龍『二月の魚 オオカミの月』(響文社)

三杉和美『心の道標』(流星舎)

三杉和美『希望の光』(かりん舎)

金堀則夫『ひの石まつり』(思潮社)

小野多恵子『軌跡』

江口節『篝火の森へ 生田薪能詩編』(編集工房ノア)

竹村啓『ひと』(アオサギ)

髙野尭 『梅彌詩選』(思潮社)

七月堂  湊 禎佳『古今和琉球風物歌集』(七月堂)

髙野尭『逃散』(七月堂)

有働薫『露草ハウス』(思潮社)

出雲築三『大手門』(土曜美術社出版販売)

麻生直子  夏目ゆき詩集『まがたま産み』(潮流出版社)

佐藤文夫『日本賭博史』(詩人会議出版)

阿賀猥「トカゲ」(土曜美術社出版販売)

浜江順子『あやうい果実』(思潮社)

高橋睦郎『深きより 二十七の聲』(思潮社)

本多寿『日の変幻』(本多企画)

柴野京子『霧の馬』

森れい『かえしうた』(緑鯨社)

二宮清隆『海へ』(フラジやイル)

 

評論・エセイ

髙野尭 河津聖恵『「毒虫」試論序説』(フランス堂)

原詩夏至『鉄火場の批評』(コールサック社)

 

CD

田川紀久雄「永遠の都」(鹿林書房)

田川紀久雄『花束』

田川紀久雄 天童大人 詩集『ピコ・デ・ヨーロッパの雪』(漉林書房)

田川紀久雄「美しいひかり」

田川紀久雄「風のいのち」

田川紀久雄「慈悲」

田川紀久雄「聲のひかり」

 

その他

酒井忠康「美術準備室」第16号(光村図書)

酒井忠康「美術ペン」1019冬号

三杉和美 小林重予×古家昌伸『心の庭の植物図鑑』(小林重予)

三杉和美 小林重予『想いの種』

金井幸次 『熊谷榧画集』(東洋書店)

鈴木順三郎「Obihiro Contemporary Art 2018 Kakou-Art Exhibition

水橋斉「静岡県詩人会会報」138

川島薫『高見順賞 五十年の軌跡 1971年―2010』』()公益財団法人高見順文学振興会)

| | コメント (0)

2020/11/05

詩人・朗唱家・字家の天童大人 11月19日、午後7時から、第1929 回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、104回目参加。JR駒込駅脇の東京平和教会駒込チャペル(予約090-3696-7098天童)の宙に、新刊の第10詩集『長編詩 バビロン詩編』(七月堂刊)を聲に乗せて、撃ち込む!

第1929 回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)天童大人 Projet参加、104回目の聲。
開催日:2020 年 11 月 19 日()木
場所:東京都 東京平和教会駒込チャペル(駒込)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (
http://universalvoice.air-nifty.com/

肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人が、第10詩集にあたる新詩集『長編詩 バビロン詩編』(七月堂)が完成した。定価1800円税別、を聲に乗せるが、刊行記念は、12月10日(木)午後7時から、京橋のギャルリー東京ユマニテで開催する。
その時には、斬新な表紙の新詩集『長編詩 バビロン詩編』をお届けする。
当日、会場で詩集は、販売する。
地の文と、詩作品との違いを未だつかみきれずにいる。難しい、奥深い聲の世界。
どう聲に乗せるのか?
こうご期待!
協賛: 西肇、橋本五郎文庫(秋田県三種町),マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ

予約・お問い合わせは
* 東京平和教会駒込チャペル(駒込)  
〒170-0003 豊島区駒込1-28-8 2F
JR駒込駅東口下車 徒歩1分
Tel:090-3696-7098(天童)
お問い合わせは
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL : http//
universalvoice.air-nifty.com/
http//
www.fekt.org/tendo-taijin/

| | コメント (0)

2020/10/08

第31回 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社 天童大人=VΘEME 10月17日(土) 午後3時1分、開始

第31回 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社 天童大人=VΘEME
開催日:2020 年 10 月 17 日(土)
場所:長崎県 対馬・和多都美神社
開演:15 時 01 分
開場:14 時 15 分
料金:0円
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/ )

第31回 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社
    天童大人=VΘEME®
   (詩人・朗唱家・字家)

2020年10月17日(土)PM:15:01開始
長崎県 対馬市豊玉町
和多都美神社・一の鳥居(入場無料)

1983年秋、友人の案内で初めて訪れた対馬・和和多都美神社。
干潮時に一の鳥居(現在の二の鳥居)に立ち、聲を撃ち込み、古代の「聲ノ道」を発見。
1990年から、毎年5月か6月の新月の日に、「聲ノ奉納」を行い続け、今年で31年目。
(しかし、9月7日、台風10号の高潮で、1990年建立の一の鳥が倒壊。) この古代の聖地から、危ういこの水の惑星の平和を祈念し続けて来て、今年は、5月23日に挙行を予定していましたが、新型コロナウィルス自粛要請の為、中止・順延。そこで第31回、天童大人 聲ノ奉納は、10月17日に変更しました。
15年前、熊本の幣立神宮の春木信哉宮司から、「貴方が対馬で、聲を撃ち込まれているのなら、元寇の戦で亡くなられた異国の無辜の民たちの御霊をも弔って頂きたい」と教示され、これ以後、弔いの気持も込めて、この和多都美神社一の鳥居から本宮まで約250m、肉聲を毎年、5月か6月の新月の日に30年間、撃ち込み続けてきた「天童大人、聲ノ奉納 in 和多都美神社」。
肉聲を波動に乗せ「魂の力」を、心で感じられる古からの聲の伝統世界。是非 ご参加ください!

*(「VΘEME®」は,聲(voice)と詩(poeme)とを併せた詩人天童大人の造語で、2019年9月、商標登録されましたので、ご注意ください)

問い合わせ先
〒145-0071東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
北十字舎 / 天童大人 / UNIVERSAL VOICE /VΘEME®
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
http:universalvoice.air-nifty.com/
http//www.fekt.org/tendo-taijin/
(Facebook:tendo taijin/
Twitter:@TendoTaijin YouTubeで、VΘEME
をご検索ください。)

| | コメント (0)

2020/09/09

詩人・朗唱家・字家の天童大人 9月18日(金)、午後7時から、第1915 回アートパフォーマンProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、102回目の参加。京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に聲を撃ち込む!

第1915 回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)詩人・朗唱家・字家の天童大人 102回目。
開催日:2020 年 9 月 18 日(金)
場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/ )
 
肉聲の復権を目指すアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人、秋に刊行予定の新詩集『長編詩 バビロン詩編』の第二稿を聲に乗せて、撃ち込む!
日本人で唯一の朗唱家天童大人は、2004年3月21日、世界遺産のイタリア・ベローナのアレーナ(野外闘技場)で、単独公演を挙行した。
それは日本人のオペラ歌手もなしえていない。
これはノーベル文学賞候補のロベルト・サネージを追悼する<春の詩祭>での出来事。これも親友の今は亡き画家KEIZO(森下慶三)の友情からイタリアで、版画デビューも果たしている。今回の聲は、新詩集『長編詩 バビロン詩編』の第二稿を聲に乗せる。これは、2013年5月、イラクへノービザで出国、日本とイラクとの友好の為、字展と詩祭に参加し、バビロンの古代野外劇場で、聲を撃ち込んできた。
さて今回の聲は、先の第一稿とどれほどの変化があるのか、こうご期待!
協賛:西肇、橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ
 
予約・お問い合わせは
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp https://g-
tokyohumanite.com/
 
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-
1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL : http//universalvoice.air-nifty.com/
http//www.fekt.org/tendo-taijin/  

| | コメント (0)

2020/08/23

詩人・朗唱家・字家天童大人 8月28日(金)午後7時から、第1911回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、Projet参加、101回目の聲を京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03-3562-1305)の宙に、詩集『長編詩 バビロン詩編』の初校を聲に乗せて、撃ち込む!

第1911回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家天童大人 Projet参加、101回目の聲。
開催日:2020 年 8 月 28 日(金)
場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 00 分
開場:18 時 30 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/ )
 
肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人、Projet参加、101回目の聲。
今回は、今秋、刊行予定の詩集『長編詩 バビロン詩編』の初校が出てきたので、聲に乗せます。
是非、御立合いください。
協賛:西肇、橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ
 
予約・お問い合わせは
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp https://g-
tokyohumanite.com/
 
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-
1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL : http//universalvoice.air-nifty.com/
http//www.fekt.org/tendo-taijin/  

| | コメント (0)

2020/07/11

詩人で朗唱家・字家天童大人 7月31日(金)午後7時15分から、第1906 回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、Projet参加、100回目の聲を京橋のギャルリー東京ユマニテ(予約03- 3562- 1305)の宙に、聲を撃ち込む!

第1906 回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家天童大人 Projet参加、100回目の聲。
開催日:2020 年 7 月 31 日(金)
場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
開演:19 時 15 分
開場:19 時 00 分
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)
関連web:天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ ( http://universalvoice.air-nifty.com/ )
 
第1906回アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人で朗唱家・字家の天童大人 Projet参加、100回目
の聲を京橋の宙に撃ち込みます!
聲を撃ち込むことを真剣に考えれば、出来れば毎日でも1時間余りは最低、聲を撃ち込まなければなりません。
アスリートと同じに身体性の問題でもあるからです。そうでなくても,月1回、1時間余り、聲を撃ち込むことで、最低限の聲の力は出せているというのも、精神の具現化したものが肉聲だからです。
2006年10月に、聲の先達詩人白石かずこの聲から創設されたこのProjetが、もし1980年代から存在していたら、日本の聲の詩人の世界も大幅に変わったことでしょう。
詩人白石かずこに続く詩人が居なかったのです。かって詩人四元康弘祐君から、国際詩祭に行くとTendo Taijinの名前をよく聞きますとのメールを受け取ったが、聲は肉聲で聲を撃ち込んできたから、参加詩人の耳に、強く残っているのです。
マイクを使って朗読する詩人がほとんどですが、2006年7月、ベネズエラで開催された第3回カラカス国際詩祭で、800席と2200席での会場での国際詩祭で、日本大使も聴きに来られた場で24人の参加詩人の中で、唯ひとりノーマイクで聲を撃ち込み、会場からのスタンディングオベレーションを受け、日本大使からは国威を高めたといわれました。あの熱狂をお伝えしたものです。
何と言っても肉聲です!
さて今回は、Projet参加、100回目の聲です。この秋には、新詩集『長編詩 バビロン詩編』を準備しています。何が飛び出すのか、ご期待ください。
協賛:西肇、橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ
 
予約・お問い合わせは
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp https://g-
tokyohumanite.com/
 
北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 
Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL : http//universalvoice.air-nifty.com/
http//www.fekt.org/tendo-taijin/  

| | コメント (0)

2020/05/08

5月は4月に続き、アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)は、休演します。再開は、6月6日、87歳の詩人禿慶子の聲から再開いたします。

このコロナウィルス戦争の為、54日に自粛が531日迄延期されました。会場の画廊も休廊になり、残念ながら4月に引き続き、今月もアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)は、休演いたします。66日(土)、87歳の詩人禿慶子の聲から、詩人の聲は再開いたします。今、求められているのは、詩人の聲とコトバ。ご期待ください。

| | コメント (0)

2020/04/01

4月公演 天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバを聴く!アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人聲)  案内状 -肉聲の復権を目指す!-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-  2020年4月(第1888回~第1897回)公演のご案内状です。 

4月公演 天童大人プロデュース 詩人の肉聲とコトバを聴く!
アートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人聲) 

                              案内状

-肉聲の復権を目指す!-「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

   
           2020年4月(第1888回~第1897回)公演 


 肉聲の復権を目指すこのProjetは、13年目に入り、公演数も1880回を超えました。
今、世界は、昨年,9月頃、中国から発生した新型コロナウィルスに、戦いを挑まれています。
こういう時こそ東京では、何時でも詩人の肉聲で詩が聴ける街でありたいと思います。
この肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)は、
2006年10月13日、日本の聲の先達詩人白石かずこの聲から口火を鑚り、2020年3月29
日迄で、1886回の全公演をプロデユースしました。詩集の目の言葉を耳のコトバへ!
参加詩人にとって1時間余り、マイクも音楽もなく、ただ自分の書いた詩作品と真摯に向
き合い,自己を鍛える世界に類の無い試みです。また耳から目の言葉へと自由に往還できる
「詩人の聲叢書」(響文社)を、2015年5月に創刊、第6巻、詩人・作家稲葉真弓選詩集
『さようなら は,やめときましょう』,第8巻、菊田守詩集『生きるよろこびの聲』は、2019
年10月刊行。しかし、残念ながら先達詩人菊田守氏は6月3日に亡くなられました。享年
83歳。謹んでご冥福をお祈りいたします。一昨年7月、調布FMで、毎週水曜日に放送し
た「VΘEME!現代の詩の聲とコトバを聴くVΘEME」は昨年6月、無事に終了。今後は
YouTubeで、この「ⅤθEME」を世界中に発信と同時に、後世の為に残します。詩誌「詩
と思想」(土曜美術社出版販売)2029年10月号に、<特集 詩人の聲>で、参加詩人たちの
座談会やエッセイ等が掲載され、読まれると「詩人の聲」の概要が分かります。是非、ご
一読ください。4月のProjet公演の会場は、京橋のギャルリー東京ユマニテ、自由ケ丘のア
トスペースCache-cache d`Art、JR駒込駅脇の東京平和教会駒込チャペルの3ケ所となり
ます。肉聲の復権を目指すこのアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)
は、参加されるあなたの為の詩人の肉聲とコトバです。また是非、ご参加ください。
(ProjetをWikipediaの、「詩人の聲」を検索してご覧ください。)
協賛:西肇、橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ

                                                                 2020年4月黄道吉日
                Producteure & Directeure 天童大人


このProjetに参加希望の方は、下記宛に、ご遠慮なく、お問い合わせください。
北十字舎 〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:036459-7611. Fax:03-6459- 7647. Mobil:090-3696-7098
E-maile:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/  URL :http://www.fekt.org/tendo-taijin/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

La Voix des Poètes Poetry Voice Circuit VΘEME おすすめサイト アニメ・コミック アメリカ文学 アメリカ詩 イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人 イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画 ウェブログ・ココログ関連 オペラ・歌舞伎 ギャンブル クリスタル・スィンギングボール グルメ・クッキング ゲーム サイクロン・地震・台風 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ フランス詩・フランス文学 ペット マグマ 火山 休火山 噴火 ラテンアメリカ文学・詩 ロシア文学・ロシア詩 交通手段・鉄道・航空・船舶 人材・才能 企画画廊・貸し画廊 住まい・インテリア 作家 内閣・官僚・国家公務員 写真 写真家 原子力発電所 原子力関係 国際詩祭 天気予報・気象情報 字家 学問・資格 宇宙・人工衛星・ミサイル 展覧会 帽子・ファッション 彫刻家 心と体 思想・哲学 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 文学 新聞・月刊誌・週刊誌 方言 方言詩 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書家・書道家 書籍・雑誌 朗読 朗読会 気学・易学・風水・占星術・手相・印相学 海外 独裁者・亡命 現代詩 画家 神社・仏閣・宗教 精神世界 精神世界・癒し 経済・政治・国際 美容・コスメ 美術館 育児 自動車 芸能・アイドル 薬・病院・医療・医者 詩・文学・翻訳 詩人 詩人・歌人・俳人・詩集・歌集・句集 詩集 賞・選考委員 趣味 選挙・議員 霊界・神秘主義・霊能者 霊視・霊能力者 音楽 音楽家 UPRISING 革命